男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

吉沢悠

  • Hisashi Yoshizawa
  • 出演
本名
出身地 東京都杉並区
生年月日 1978/08/30
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都杉並区の生まれ。小平市の錦城高校を卒業後、1997年に“夢カラオケオーディション”で準グランプリに輝き、芸能界入り。本名の読みを変えた“吉沢悠(ゆう)”の芸名で、翌98年のTBS『青の時代』で俳優デビューする。以後、数々のテレビドラマに出演したのち、2000年の金子修介監督「クロスファイア」で映画初出演。法で裁けない犯罪者に制裁を下していく特殊能力者をナイーヴに演じた。03年、香港映画のヒット作を函館を舞台に冨樫森監督がリメイクした「星に願いを。」では、恋心を秘めたまま事故死した青年が別人の身体を借りて甦り、自分と気づかぬ彼女に想いを伝えようとするやるせなさを丹念に演じてみせた。その後も、テレビ朝日『動物のお医者さん』03、『エースをねらえ!』04と、人気コミックのドラマ化作品で持ち味を発揮。多胡由章監督「Believer」04では、すねに傷を持つ詐欺師として世を渡る元天才超能力少年役で、やさぐれた雰囲気を醸し出し新境地を開いた。05年、塚本連平監督「着信アリ2」で、死の予告電話を受けたヒロインを全力で救おうとする恋人を演じたのち、芸能活動を休止して渡米。翌06年に本名の“吉沢悠(ひさし)”に改名して復帰すると、原爆投下から13年後の広島が舞台の佐々部清監督「夕凪の街・桜の国」07では、いつ発症するとも知れぬ原爆症の恐怖と闘う同僚のヒロインをひたむきな愛で包み込む青年を熱演。続いて、本橋圭太監督「逃亡くそたわけ・21才の夏」07では、情緒不安定なヒロインに引きずられるように精神病院を抜け出し、彼女に翻弄されながら自らの殻を打ち破っていく鬱病患者を好演し、受けの芝居にも磨きをかける。10年、珊瑚礁を再生させようとする親友の夢を献身的に応援するお人好しの青年をコミカルに演じた李闘士男監督「てぃだかんかん・海とサンゴと小さな奇跡」、理想と現実との狭間で苦悩しながら成長していく外科医に扮した成島出監督「孤高のメス」と、まったく異なる役柄で印象を残す。テレビドラマはほかに、日本テレビ『働きマン』07、TBS『山田太郎ものがたり』07、『ブラッディ・マンデイ』08・10、『GM/踊れドクター』10、『南極大陸』11、テレビ朝日『4姉妹探偵団』08、NHK『風に舞いあがるビニールシート』09など。『幕末純情伝』08など舞台でも活躍している。

キネマ旬報の記事

2005年2月上旬号

HOT SHOTS:吉沢悠

2004年7月上旬号

HOT SHOTS:吉沢悠