男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

宮松と山下

  • みやまつとやました
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    74.2点(61人)

  • 観たひと

    77

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    17

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2022
公開年月日 2022/11/18
上映時間 87分
製作会社 「宮松と山下」製作委員会(電通=TBSテレビ=ギークピクチュアズ=ビターズ・エンド=TOPICS)(製作幹事:電通/企画:5月/制作プロダクション:ギークサイト)
配給 ビターズ・エンド
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督関友太郎 
平瀬謙太朗 
佐藤雅彦 
脚本関友太郎 
平瀬謙太朗 
佐藤雅彦 
製作吉崎圭一 
安倍純子 
小佐野保 
定井勇二 
佐藤雅彦 
プロデューサー日枝広道 
松本整 
橋本竜太 
撮影國井重人 
美術茂木豊 
裝飾池田亮平 
音楽豊田真之 
録音南徳昭 
リレコーディングミキサー浅梨なおこ 
照明鳥羽宏文 
編集関友太郎 
平瀬謙太朗 
佐藤雅彦 
衣装宮本まさ江 
ヘアメイクデザイン勇見勝彦 
ヘアメイク中山有紀 
キャスティングプロデューサー北田由利子 
ラインプロデューサー内山亮 
制作担当片山大介 
助監督青木克齊 
スクリプター奥井富美子 

キャスト

出演香川照之 宮松
津田寛治 健一郎
尾美としのり 
中越典子 
野波麻帆 里帆
大鶴義丹 潮田
尾上寛之 國本
諏訪太朗 初老の男
黒田大輔 医師

(C)2022『宮松と山下』製作委員会

場面

予告編


     

解説

教育番組『ピタゴラスイッチ』の佐藤雅彦、NHK連続テレビ小説『マッサン』の演出・関友太郎、様々なメディアデザインを手がける平瀬謙太朗からなる監督集団『5月』による人間ドラマ。記憶を失った端役専門俳優・宮松は、連日主人公ではない人生を演じ続ける。『5月』の初長編監督作品。主演は、「トウキョウソナタ」など数々の作品に出演してきた香川照之。2022年第70回サンセバスチャン国際映画祭New Directors部門にてワールドプレミア上映。

あらすじ

端役専門の役者・宮松(香川照之)は、時代劇に出ては弓に射られ、ある時は大勢いるヤクザの一人として路上で撃たれ、またある時はヒットマンの凶弾に倒れるなど、来る日も来る日も撮影で殺され続けている。派手さはないものの慎ましく静かな日々を過ごす宮松だったが、彼には過去の記憶がなく、何が好きだったのか、どこで何をしていたのか、自分が何者だったのか、わからない。何も思い出せない彼は、毎日数ページだけ渡される主人公ではない人生を演じ続け……。

関連するキネマ旬報の記事

2022年12月上旬特別号

ミニシアターで上映される日本映画あれこれ:「宮松と山下」

REVIEW 日本映画&外国映画:「宮松と山下」

2022年11月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「宮松と山下」

2022年10月下旬号

試写室「宮松と山下」: