男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ある男

  • あるおとこ
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    79.7点(337人)

  • 観たひと

    440

  • 観たいひと

    56

  • レビューの数

    69

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 日本
製作年 2022
公開年月日 2022/11/18
上映時間 121分
製作会社 「ある男」製作委員会(企画:松竹/制作プロダクション:松竹撮影所)
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督石川慶 
脚本向井康介 
原作平野啓一郎:(「ある男」)
エグゼクティブプロデューサー吉田繁暁 
企画協力浅田靖浩 
製作高橋敏弘 
木下直哉 
田中祐介 
中部嘉人 
佐渡島庸平 
井田寛 
プロデューサー田渕みのり 
秋田周平 
プロデューサー補鴨井雄一 
撮影近藤龍人 
美術我妻弘之 
装飾森公美 
音楽Cicada 
音楽プロデューサー高石真美 
録音小川武 
音響効果中村佳央 
照明宗賢次郎 
編集石川慶 
スタイリスト高橋さやか 
ヘアメイク酒井夢月 
ラインプロデューサー高根澤淳 
製作担当前場恭平 
プロダクションマネージャー山田彰久 
助監督中里洋一 
スクリプター藤島理恵 
VFXスーパーバイザー赤羽智史 
特殊メイク中田彰輝 
宣伝プロデューサー湯浅正美 

キャスト

出演妻夫木聡 城戸章良
安藤サクラ 谷口里枝
窪田正孝 谷口大祐/X(ある男)
清野菜名 後藤美涼
眞島秀和 谷口恭一
小籔千豊 中北
坂元愛登 悠人
山口美也子 武本初江
きたろう 伊東
カトウシンスケ 柳沢
河合優実 
でんでん 小菅
仲野太賀 谷口大祐(本物)
真木よう子 城戸香織
柄本明 小見浦憲男

(C)2022「ある男」製作委員会

場面

予告編


     

解説

第70回読売文学賞を受賞した芥川賞作家・平野啓一郎の同名小説を「蜜蜂と遠雷」の石川慶が映画化。弁護士の城戸章良は、谷口里枝から亡き夫・大祐の身元調査という奇妙な依頼を受ける。不慮の事故で命を落とした大祐が、実は別人だったというのだ……。出演は「唐人街探偵 東京MISSION」の妻夫木聡、「万引き家族」の安藤サクラ、「劇場版ラジエーションハウス」の窪田正孝。

あらすじ

弁護士の城戸章良(妻夫木聡)は、かつての依頼者である谷口里枝(安藤サクラ)から奇妙な相談を受ける。亡くなった夫・大祐(窪田正孝)の身元調査を頼みたいと言うのだ。里枝は離婚を経験後、子どもを連れて故郷に戻り、やがて出会った大祐と再婚。新たに生まれた子どもと4人で幸せな家庭を築くが、ある日突然、大祐が不慮の事故で命を落としてしまう。悲しみに暮れる中、大祐の法要の日、長年疎遠だった大祐の兄・恭一(眞島秀和)が現れる。ところが、恭一は遺影を見て“これ、大祐じゃないです”と言い放ったのだ。愛したはずの夫・大祐が、まったくの別人だった……。“ある男”の正体を追う中で、様々な人物と出会い、衝撃の真実に近づいていく城戸。いつしか彼自身の中にも、他人として生きた男への複雑な思いが生まれていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2022年12月上旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ある男」

2022年11月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ある男」

2022年10月下旬号

巻頭特集 「ある男」:鼎談 妻夫木聡×安藤サクラ×窪田正孝

巻頭特集 「ある男」:対談 平野啓一郎[原作]×石川慶[監督]

巻頭特集 「ある男」:作品評