男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

クライ・マッチョ

  • くらいまっちょ
  • CRY MACHO
  • CRY MACHO
  • 平均評点

    73.5点(524人)

  • 観たひと

    710

  • 観たいひと

    43

  • レビューの数

    111

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2021
公開年月日 2022/1/14
上映時間 104分
製作会社 Malpaso Productions=Ruddy Productions
配給 ワーナーブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

場面

予告編


     

解説

クリント・イーストウッド監督デビュー50周年記念作品。テキサスで孤独に生きるロデオ界スターだったマイクは、元雇い主に「別れた妻から息子ラフォを取り戻してほしい」と頼まれ、メキシコへ。荒れた生活を送るラフォを見つけたマイクは、共に米国を目指すが。主演のイーストウッドと共演するラフォ役に大抜擢されたのは、メキシコの新星エドゥアルド・ミネット。

あらすじ

アメリカ、テキサス。ロデオ界のスターだったマイク(クリント・イーストウッド)は、落馬事故以来、数々の試練を乗り越えながら孤独な生活を送っていた。そんなある日、元雇い主から、別れた妻に引き取られた十代の息子ラフォ(エドゥアルド・ミネット)をメキシコから連れ戻してほしいとの依頼を受ける。犯罪スレスレの誘拐同然の仕事。それでも、元雇い主に恩義があるマイクは引き受け、メキシコへ向かう。やがてマイクは、男遊びに夢中な母に愛想をつかし、闘鶏用のニワトリとともにストリートで生きていたラフォを発見。2人は連れ立ってアメリカ国境への旅を始める。そんな彼らの後を追うのは、メキシコ警察とラフォの母が放った追手。先に進むべきか、留まるべきか? 少年とともに、今マイクは人生の岐路に立たされる……。

関連するキネマ旬報の記事

2022年7月下旬号

読者の映画評:「大河への道」グルーチョ・中井/「大河への道」三吉啓司/「クライ・マッチョ」岩崎三樹雄

2022年2月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「クライ・マッチョ」

REVIEW 日本映画&外国映画:「クライ・マッチョ」

2022年1月上・下旬合併号

UPCOMING 新作紹介:「クライ・マッチョ」

2021年12月下旬号

巻頭特集 「クライ・マッチョ」:メイキング・オブ・「クライ・マッチョ」

巻頭特集 「クライ・マッチョ」:作品評

巻頭特集 「クライ・マッチョ」:クリント・イーストウッド監督作品42