男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

クリント・イーストウッド

  • Clint Eastwood
  • 出演/監督/製作/音楽
本名 Clinton Eastwood Jr.
出身地 アメリカ、カリフォルニア州
生年月日 1930年5月31日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【ダーティーヒーローからアメリカ映画の巨人へ】大恐慌の最中、アメリカ、サンフランシスコに生まれる。高校卒業後に朝鮮戦争に従軍、のちに演劇を学んでユニヴァーサル映画と契約を結んだ。1955年、「半漁人の逆襲」で俳優デビューするも不遇の時代を過ごす。やがて58年にスタートしたテレビ西部劇『ローハイド』とセルジオ・レオーネ監督「荒野の用心棒」(64)等のマカロニ・ウェスタンで海外に名を馳せ、「ダーティハリー」(71)などドン・シーゲル監督作品で国内でもトップスターとなった。これに前後する71年、スリラーの「恐怖のメロディ」で監督にも進出。以来、主宰するマルパソ・プロのもとで俳優兼監督として活動を続ける。70年代から80年代にかけて女優ソンドラ・ロックを私的なパートナーとし、86年から2年間はカリフォルニア州カーメルの市長を務めた。監督第2作「荒野のストレンジャー」(72)以降、専ら自身の主演作を年1~2本のペースで監督する。ジャンルとしては「ペイルライダー」(85)等の西部劇と、「ガントレット」(77)等のヒーロー・アクションを中心に、ロードムービーや軍人ドラマ、航空アクションなども手がけ、市長在職中に手がけた伝記映画「バード」(88)では監督のみに徹した。92年になって「許されざる者」がアカデミー賞作品賞・監督賞をはじめ多々の映画賞に輝き、映画作家としての地位を確立。その後は監督専念作を交えて様々なジャンルで文芸性の高い作品を手がけ、「ミリオンダラー・ベイビー」(04)は再度アカデミー賞を獲得、74歳最高齢の監督賞受賞記録を作った。【遅れてきた巨匠】「許されざる者」はセルジオ・レオーネとドン・シーゲルの二人に捧げられている。共に師と仰いだ先達であり、中期までの監督作は、彼らの系譜を受け継ぐ作品とされている。それらは一部で(特に日本やヨーロッパで) 評価され、一部で(特にアメリカで) 批判され、多くが自身の主演する小規模な娯楽作品であった点も影響し、総体として“スター俳優の余技”と見なされた。監督第16作にして各方面から絶賛された「許されざる者」は“最後の西部劇”と謳ったが、黄金期ではなくマカロニ・ウェスタン以降の西部劇の系譜にあり、イーストウッドの作家性に変化はない。多くの作品で、ダーティーなヒーローの贖罪のモチーフに貫かれることが指摘されている。日本でもその評価は近年さらに高く、「許されざる者」、「スペース・カウボーイ」(00)以降、多くの監督作品がキネマ旬報ベスト・テン1位に選出されている。

キネマ旬報の記事

2018年3月上旬号

アメリカン・ヒーローの行き先「15時17分、パリ行き」:インタビュー クリント・イーストウッド[監督]

2017年2月下旬号 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2016年 第90回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:個人賞カラーグラビア 外国映画監督賞/読者選出外国映画監督賞 クリント・イーストウッド

2016年12月下旬号

映画とジャズ:PART3 映画監督とジャズ カサヴェテス/イーストウッド/ウディ・アレン

2016年10月上旬号

「ハドソン川の奇跡」:インタビュー クリント・イーストウッド[監督]、トム・ハンクス、アーロン・エッカート 誰もが知っている〈ハドソン川の奇跡〉その裏側で起こった出来事

2015年11月下旬号

カメラの後ろに回った俳優たち:クリント・イーストウッド 俳優/監督という在り方への矜持

2015年4月下旬号

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ軌跡)」、その正体は果たして?:映画のキャラクターに俳優自身が重なって泣いてしまう映画 「グラン・トリノ」のイーストウッドは引退後のハリー・キャラハンだ

2015年4月上旬号

【巻頭特集】ウディ・アレン、“魔法使い”の“おじいちゃん”「マジック・イン・ムーンライト」:おじいちゃん篇 もっとおじいちゃん!84歳のゴダールとイーストウッド クリント・イーストウッド「アメリカン・スナイパー」 インタビュー 宮沢章夫

【巻頭特集】ウディ・アレン、“魔法使い”の“おじいちゃん”「マジック・イン・ムーンライト」:おじいちゃん篇 コラム(1) アレン、ゴダール、イーストウッド 俺たちの「自作自演」

2015年3月上旬号

“伝説野郎”イーストウッドは何を射つのか?「アメリカン・スナイパー」:インタビュー クリント・イーストウッド[監督]

“伝説野郎”イーストウッドは何を射つのか?「アメリカン・スナイパー」:対談 小林信彦×芝山幹郎

“伝説野郎”イーストウッドは何を射つのか?「アメリカン・スナイパー」:バランスの劇

“伝説野郎”イーストウッドは何を射つのか?「アメリカン・スナイパー」:砂嵐でけぶる星条旗

2015年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2014年 第88回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞発表:個人賞カラーグラビア 外国映画監督賞/読者選出外国映画監督賞 クリント・イーストウッド

2014年10月上旬号

【巻頭特集】クリント・イーストウッド、最後のプロフェッショナル「ジャージー・ボーイズ」:インタビュー クリント・イーストウッド(監督)

【巻頭特集】クリント・イーストウッド、最後のプロフェッショナル「ジャージー・ボーイズ」:対談 小林信彦(作家)×芝山幹郎(評論家)

【巻頭特集】クリント・イーストウッド、最後のプロフェッショナル「ジャージー・ボーイズ」:作品評 底なしの幸福感!

【巻頭特集】クリント・イーストウッド、最後のプロフェッショナル「ジャージー・ボーイズ」:作品評 「瞬間の老い」を生きる

2013年10月下旬号

家族で映画をつくること:クリント・イーストウッドと家族の夢

2013年7月下旬号

「ローン・レンジャー」×キャラクターを生きた男たち:キャラクターを生きた男たち ハリー・キャラハン=クリント・イーストウッド

2012年12月上旬号

イーストウッド、映画と遊ぶ「人生の特等席」:インタビュー(1) クリント・イーストウッド(主演)

イーストウッド、映画と遊ぶ「人生の特等席」:インタビュー(2) ロバート・ロレンツ(監督)

イーストウッド、映画と遊ぶ「人生の特等席」:作品論(1) 球を見て、球を打て

イーストウッド、映画と遊ぶ「人生の特等席」:俳優論(1) イーストウッドの大きさ

イーストウッド、映画と遊ぶ「人生の特等席」:俳優論(2) イーストウッドの不機嫌

イーストウッド、映画と遊ぶ「人生の特等席」:俳優論(3) イーストウッドの目

イーストウッド、映画と遊ぶ「人生の特等席」:作品論(2) 滅びの美学にあらがって

イーストウッド、映画と遊ぶ「人生の特等席」:コラム クリント“スモーキング”イーストウッド「ホワイトハンター ブラックハート」「トゥルー・クライム」

2012年1月下旬号

巻頭特集 マザコン、ゲイ、誇大妄想 FBI長官フーヴァー、おまえは誰だ!「J・エドガー」:プロダクション・ノートより それぞれのアプローチ クリント・イーストウッド[監督]、レオナルド・ディカプリオ[主演]

2012年1月上旬号

映画専門チャンネル ムービープラスでクリント・イーストウッドにふるえよ:最終回

2011年12月上旬号

映画専門チャンネル ムービープラスでクリント・イーストウッドにふるえよ:

2011年11月上旬号

映画専門チャンネル ムービープラスでクリント・イートウッドにふるえよ:

2011年3月上旬号

巻頭特集「ヒア アフター」に見るイーストウッド80歳の肯定力:特別対談 小林信彦×芝山幹郎

巻頭特集「ヒア アフター」に見るイーストウッド80歳の肯定力:スタッフ、キャスト、大いに語る/ イーストウッド監督、ピーター・モーガン、マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス

巻頭特集「ヒア アフター」に見るイーストウッド80歳の肯定力:作品評

2010年10月上旬号

『クリント・イーストウッド:レトロスペクティヴ』刊行記念:書評

2010年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:外国映画監督賞 読者選出外国映画監督賞 クリント・イーストウッド

2009年7月上旬号

DVDがおもしろい!:2009年はクリント・イーストウッド年か! 「白い肌の異常な夜」「愛のそよ風」、待望のDVD化

2009年5月上旬号

巻頭特集 イーストウッドは「神」じゃない 「グラン・トリノ」:クリント・イーストウッド「グラン・トリノ」を語る

2009年3月上旬号

巻頭特集 これが「映画」だ!「チェンジリング」:クリント・イーストウッド監督ロング・インタビュー

巻頭特集 これが「映画」だ!「チェンジリング」:クリント・イーストウッド論

2007年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:外国映画監督賞 読者選出外国映画監督賞 クリント・イーストウッド

2006年12月下旬号

作品特集 「硫黄島からの手紙」:クリント・イーストウッド in Japan

2006年11月上旬号

作品特集 「父親たちの星条旗」:クリント・イーストウッド インタビュー

2006年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:外国映画監督賞 読者選出外国映画監督賞 クリント・イーストウッド

2005年6月下旬号

巻頭特集 「ミリオンダラー・ベイビー」:クリント・イーストウッド インタビュー

2005年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:外国映画監督賞 読者選出外国映画監督賞 クリント・イーストウッド

2004年4月下旬号

評論家発 神秘の川は流れる:クリント・イーストウッド論:

2002年12月上旬号

Kinejun front:2 イーストウッド映画公開!

2000年11月下旬特別号

HOT SHOTS:北野武&イーストウッド

2000年11月上旬特別号

作品特集 「スペース カウボーイ」:クリント・イーストウッド インタビュー

1998年6月下旬号

特集 真夜中のサバナ:クリント・イーストウッド監督論

1997年6月上旬号

特集 目撃:イーストウッドと共演者たち

1996年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア:外国映画監督賞 クリント・イーストウッド

1995年9月上旬号

特集 マディソン郡の橋:クリント・イーストウッド インタビュー

ハリウッド・カップルズ:第27回 クリント&ソンドラ

1995年8月下旬上半期決算号

ハリウッド・カップルズ:第27回 クリント&ソンドラ

1995年8月上旬号

ハリウッド・カップルズ:第27回 クリント&ソンドラ

1995年6月上旬号

ハリウッド・カップルズ:第26回 コルベール&マクマレイ

1994年2月下旬決算特別号

特別グラビア:外国映画監督賞 クリント・イーストウッド

1993年12月上旬号

巻頭特集 パーフェクト・ワールド:イーストウッドとコスナー

巻頭特集 パーフェクト・ワールド:イーストウッドの軌跡

巻頭特集 パーフェクト・ワールド:イーストウッド&コスナー フィルモグラフィ

1993年4月上旬春の特別号

巻頭特集 許されざる者 UNFORGIVEN:クリント・イーストウッド インタビュー

巻頭特集 許されざる者 UNFORGIVEN:イーストウッド人脈図

巻頭特集 許されざる者 UNFORGIVEN:イーストウッド・フィルモグラフィ

1992年12月下旬号

巻頭特集 西部劇開拓史 サイレント映画からクリント・イーストウッドまで HOW THE WESTERN WAS WON!:

巻頭特集 西部劇開拓史 サイレント映画からクリント・イーストウッドまで HOW THE WESTERN WAS WON!:ウェスタンの哲遺し書

巻頭特集 西部劇開拓史 サイレント映画からクリント・イーストウッドまで HOW THE WESTERN WAS WON!:WESTERN GOOD BAD GUY

1991年3月下旬号

THE FACE '91:クリント・イーストウッド

1990年10月下旬号

特集 新・世界の映画作家と新作研究 3:クリント・イーストウッドと「ホワイトハンター ブラックハート」作品論

特集 新・世界の映画作家と新作研究 3:クリント・イーストウッドと「ホワイトハンター ブラックハート」座談会 相米慎二×榎戸耕史×稲川方人

特集 新・世界の映画作家と新作研究 3:クリント・イーストウッドと「ホワイトハンター ブラックハート」イーストウッドとドン・シーゲル

特集 新・世界の映画作家と新作研究 3:クリント・イーストウッドと「ホワイトハンター ブラックハート」イーストウッド インタビュー ミッシェル・シマン

特集 新・世界の映画作家と新作研究 3:クリント・イーストウッドと「ホワイトハンター ブラックハート」フィルモグラフィ

1988年9月下旬号

特集 二人のスター監督 イーストウッド&レッドフォード:カンヌでの二人 インタビュー集

特集 二人のスター監督 イーストウッド&レッドフォード:「ダーティハリー5」

特集 二人のスター監督 イーストウッド&レッドフォード:「ミラグロ・奇跡の地」評論

特集 二人のスター監督 イーストウッド&レッドフォード:「ミラグロ・奇跡の地」評論

特集 二人のスター監督 イーストウッド&レッドフォード:「ミラグロ・奇跡の地」評論

1984年3月下旬号

特集 ダーティハリー4 クリント・イーストウッド監督作品:監督論

1979年10月上旬秋の特集号

決定!80年正月映画特集:クリント・イーストウッドの大脱出

1974年1月上旬新年特別号

プロフェッショナル:クリント・イーストウッド