男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

死刑にいたる病

  • しけいにいたるやまい
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    75.9点(342人)

  • 観たひと

    475

  • 観たいひと

    53

  • レビューの数

    70

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 日本
製作年 2022
公開年月日 2022/5/6
上映時間 129分
製作会社 死刑にいたる病」製作委員会(クロックワークス=東北新社=テレビ東京)(制作プロダクション:RIKIプロジェクト)
配給 クロックワークス
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督白石和彌 
脚本高田亮 
原作櫛木理宇:(「死刑にいたる病」(ハヤカワ文庫刊))
企画深瀬和美 
製作藤本款 
小坂恵一 
和田佳恵 
プロデューサー深瀬和美 
永井拓郎 
堀慎太郎 
撮影池田直矢 
美術今村力 
新田隆之 
装飾多田明日香 
音楽大間々昂 
録音浦田和治 
音響効果柴崎憲治 
照明舘野秀樹 
編集加藤ひとみ 
衣装高橋さやか 
ヘアメイク有路涼子 
制作担当篠宮隆浩 
助監督渡辺圭太 
VFXスーパーバイザー朝倉怜 
撮影効果実原康之 

キャスト

出演阿部サダヲ 榛村大和
岡田健史 筧井雅也
岩田剛典 金山一輝
宮崎優 加納灯里
鈴木卓爾 筧井和夫
佐藤玲 根津かおる
赤ペン瀧川 佐村弁護士
大下ヒロト クラタ
吉澤健 地元の農夫
音尾琢真 滝内
岩井志麻子 赤ヤッケの女
コージ・トクダ 相馬
中山美穂 筧井衿子

(C)2022 映画「死刑にいたる病」製作委員会

場面

予告編


     

解説

櫛木理宇による同名小説を原作に白石和彌監督が映画化。鬱屈した日々を送る大学生・雅也のもとに、24件の殺人容疑で逮捕され、死刑判決を受けた榛村から1通の手紙が届く。榛村は犯行当時、雅也の地元でパン屋を営んでおり、中学生だった雅也もよく店を訪れていた。出演は「彼女がその名を知らない鳥たち」の阿部サダヲ、「望み」の岡田健史、「名も無き世界のエンドロール」の岩田剛典。

あらすじ

理想とは程遠いランクの大学に通う雅也(岡田健史)は、鬱屈した毎日を送っていた。そんなある日、彼のもとに1通の手紙が届く。それは世間を震撼させた稀代の連続殺人事件の犯人・榛村(阿部サダヲ)からのものだった。24件の殺人容疑で逮捕され、そのうちの9件の事件で立件・起訴、死刑判決を受けた榛村は、犯行当時、雅也の地元でパン屋を営んでおり、中学生だった雅也もよくそこに通っていた。手紙の中で、榛村は自身の罪を認めたものの、最後の事件は冤罪だと訴え、犯人が他にいることを証明してほしいと雅也に依頼する。そんな榛村の願いを聞き入れ、雅也は事件を独自に調べ始めるが……。

関連するキネマ旬報の記事

2022年5月上・下旬号

「死刑にいたる病」:インタビュー 白石和彌[監督]

「死刑にいたる病」:コラム

グラビアインタビュー 岡田健史「死刑にいたる病」:

UPCOMING 新作紹介:「死刑にいたる病」