男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ラストナイト・イン・ソーホー

  • らすとないといんそーほー
  • LAST NIGHT IN SOHO
  • LAST NIGHT IN SOHO
  • 平均評点

    78.2点(614人)

  • 観たひと

    849

  • 観たいひと

    50

  • レビューの数

    120

基本情報

ジャンル ホラー / サスペンス・ミステリー
製作国 イギリス
製作年 2021
公開年月日 2021/12/10
上映時間 115分
製作会社 Complete Fiction=Working Title Films
配給 パルコ=ユニバーサル映画
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

解説

「ベイビー・ドライバー」のエドガー・ライト監督によるタイムリープ・サイコ・ホラー。ロンドンのデザイン専門学校に入学したエロイーズ。寮生活に馴染めず、一人暮らしを始めるが、ある日、彼女が眠りにつくと、夢の中で歌手を目指す魅惑的なサンディと出会う。出演は「ミスター・ガラス」のアニャ・テイラー=ジョイ、「ジョジョ・ラビット」のトーマシン・マッケンジー。

あらすじ

ファッションデザイナーを夢見るエロイーズ(トーマシン・マッケンジー)は、ロンドンのソーホーにあるデザイン専門学校に入学。だが、同級生たちとの寮生活に馴染めず、アパートで一人暮らしを始めることに。そんなある日、エロイーズが眠りにつくと、夢の中で、60年代のソーホーにいた。そこで歌手を夢見る魅惑的なサンディ(アニャ・テイラー=ジョイ)と出会ったエロイーズは、身体も感覚も彼女とシンクロしていくのだった。夢の中の体験が現実にも影響を与え、充実した日々を過ごすエロイーズ。タイムリープを繰り返す彼女だったが、ある日、夢の中でサンディが殺されるところを目撃してしまう。さらに現実では謎の亡霊が現れ、次第にエロイーズは精神を蝕まれていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2022年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:外国映画ベスト・テン

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:読者選出外国映画ベスト・テン

2021年12月下旬号

「ラストナイト・イン・ソーホー」:インタビュー エドガー・ライト[監督・製作・脚本]

「ラストナイト・イン・ソーホー」:インタビュー トーマシン・マッケンジー&アニャ・テイラー=ジョイ

「ラストナイト・イン・ソーホー」:作品評

UPCOMING 新作紹介:「ラストナイト・イン・ソーホー」