男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

十二単衣を着た悪魔

  • じゅうにひとえをきたあくま
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    67.6点(26人)

  • 観たひと

    37

  • 観たいひと

    15

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル 時代劇 / ファンタジー
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2020/11/6
上映時間 112分
製作会社 「十二単衣を着た悪魔」フィルムパートナー(制作:キノフィルムズ)
配給 キノフィルムズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督黒木瞳 
脚本多和田久美 
原作内館牧子 
製作総指揮木下直哉 
プロデューサー武部由実子 
菅野和佳奈 
撮影月永雄太 
美術三ツ松けいこ 
装飾平井浩一 
音楽山下康介 
雅楽監修東儀秀樹 
音楽プロデューサー津島玄一 
主題歌OKAMOTO'S:(「History」)
録音田中博信 
音響効果松浦大樹 
照明木村匡博 
編集洲崎千恵子 
衣裳(現代)藤山晃子 
衣裳(平安時代)竹林正人 
ヘアメイク酒井啓介 
小坂美由紀 
結髪中山香津世 
後藤瑞来 
和久井綾子 
ラインプロデューサー田口雄介 
制作担当小野山哲史 
助監督佐伯竜一 
スクリプター吉田久美子 
VFXスーパーバイザー小坂一順 

キャスト

出演伊藤健太郎 伊藤雷
三吉彩花 弘徽殿女御
伊藤沙莉 倫子
田中偉登 春宮
沖門和玖 光源氏
戸田菜穂 伊藤明子
細田佳央太 伊藤水
ラサール石井 右大臣
伊勢谷友介 桐壺帝
山村紅葉 梅命婦
笹野高史 良喬
MIO 藤壺女御
YAE 桐壺更衣
手塚真生 六条御息所
LiLiCo 山下元子
村井良太 木村
兼近大樹 責任者

(C)2019「十二単衣を着た悪魔」フィルムパートナー

場面

予告編


     

解説

『源氏物語』を題材にした内館牧子の小説『十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞』を「嫌な女」で監督デビューした俳優・黒木瞳が映画化。雷雨に見舞われたフリーターの雷は『源氏物語』の世界にトリップ。未来を当てる陰陽師として弘徽殿女御に取り立てられる。弟に劣等感を持つ実家暮らしのフリーター・雷を『今日から俺は!!』の伊藤健太郎が、芯の強い弘徽殿女御を「犬鳴村」の三吉彩花が演じる。『源氏物語』と現実の世界をリンクさせ、様々な立場で活躍する女性たちから影響を受け成長する青年の姿を描く。

あらすじ

フリーターの伊藤雷(らい/伊藤健太郎)は就職試験に59連敗中。京大合格した何でもできる弟(細田佳央太)に対し卑屈になっていた。ある日アルバイトで『源氏物語』の世界を模したイベントの設営をした雷は、帰宅途中に激しい雷雨に見舞われ気を失ってしまう。目が覚めると、そこは1000年以上も昔に紫式部により書かれた『源氏物語』の世界だった。たまたまアルバイト先で配られた『源氏物語』のあらすじ本のおかげで、雷は弘徽殿女御(三吉彩花)に未来を当てる陰陽師として取り立てられる。雷は強い心と冷静な分析力で息子(田中偉登)を帝にしようと野心を燃やす弘徽殿女御に翻弄されながらも触発されていくように。弘徽殿女御の息子は異母弟であり何でもできる一流の男・光源氏(沖門和玖)と皇位を争っており、雷は自分の境遇と重ねつつ、嫌われ者のイメージが強い弘徽殿女御に仕えていこうと決心するが……。

関連するキネマ旬報の記事

2020年12月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「十二単衣を着た悪魔」

2020年11月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「十二単衣を着た悪魔」