男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

護られなかった者たちへ

  • まもられなかったものたちへ
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    76.9点(301人)

  • 観たひと

    411

  • 観たいひと

    60

  • レビューの数

    50

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 日本
製作年 2021
公開年月日 2021/10/1
上映時間 134分
製作会社 松竹=アミューズ=木下グループ=トーハン=イオンエンターテイメント=NHK出版=松竹ブロードキャスティング(企画:アミューズ/制作プロダクション:松竹東京撮影所)
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督瀬々敬久 
脚本林民夫 
瀬々敬久 
原作中山七里:(「護られなかった者たちへ」(NHK出版))
エグゼクティブプロデューサー吉田繁暁 
遠藤日登思 
企画・プロデュース筒井竜平 
福島大輔 
製作代表高橋敏弘 
千葉伸大 
撮影鍋島淳裕 
美術松尾文子 
装飾大原清孝 
音楽村松崇継 
主題歌桑田佳祐:(「月光の聖者達ミスター・ムーンライト」(タイシタレーベル / ビクターエンタテインメント))
録音高田伸也 
照明かげつよし 
編集早野亮 
スタイリスト纐纈春樹 
衣装越智雅之 
ヘアメイク那須野詞 
ラインプロデューサー阿部智大 
制作担当木村広志 
助監督海野敦 
記録江口由紀子 
VFX立石勝 

キャスト

出演佐藤健 利根泰久
阿部寛 笘篠誠一郎
清原果耶 円山幹子
倍賞美津子 遠島けい
吉岡秀隆 上崎岳大
林遣都 蓮田智彦
永山瑛太 三雲忠勝
緒形直人 城之内猛
岩松了 楢崎
波岡一喜 鈴木
奥貫薫 紀子
井之脇海 菅野
宇野祥平 
黒田大輔 
西田尚美 
千原せいじ 
原日出子 
鶴見辰吾 東雲
三宅裕司 櫛谷

(C)2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会

場面

予告編


     

解説

中山七里の新聞連載小説を瀬々敬久監督が映画化した社会派ミステリー。東日本大震災から10年目の仙台で、手足を縛られて餓死するという連続殺人事件が発生。被害者はみな人格者だったとの評判で犯人の動機すらつかめない。刑事の苫篠はある男に目を付ける。連続殺人事件の捜査線上に浮かび上がる主人公・利根を演じるのは、「8年越しの花嫁 奇跡の実話」以来の瀬々組となる佐藤健。過去に起こした事件で服役し、出所したばかりだが、なにかを思い詰めてている。そんな利根を追い詰める刑事・笘篠を演じるのは佐藤健と10年ぶりのタッグを組む阿部寛。緻密な捜査を重ねながらも決定的な証拠がつかめないまま、第三の事件の予感に焦りを感じる。なぜ、被害者は無残な殺され方をされねばならなかったのか。利根の過去には何があったのか。さまざまな想いが交錯する中、やがて事件の裏に隠された、切なくも衝撃の真実が明らかになっていく……。

あらすじ

東日本大震災から10年後、仙台市の保健福祉事務所課長・三雲忠勝が、手足や口の自由を奪われた状態の餓死死体で発見された。三雲は公私ともに人格者として知られ、怨恨が理由とは考えにくいが、物盗りによる犯行の可能性も低く、宮城県警の刑事・笘篠らの捜査は暗礁に乗り上げる。一方、三雲の死体発見の数日前、一人の模範囚が出所していた。男は過去に起きたある出来事の関係者を追っていた。男の目的はいったい何なのか。

関連するキネマ旬報の記事

2021年10月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「護られなかった者たちへ」

2021年10月上旬号

巻頭特集 映画にしなければならないもの:「護られなかった者たちへ」 インタビュー 瀬々敬久[監督・脚本]

巻頭特集 映画にしなければならないもの:「護られなかった者たちへ」 インタビュー 佐藤健、阿部寛

UPCOMING 新作紹介:「護られなかった者たちへ」

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.38 木村拓哉「マスカレード・ナイト」

ASK THIS PERSON:佐藤健に問うた「護られなかった者たちへ」をめぐる10の質問

2021年9月上旬号

試写室:「護られなかった者たちへ」