男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

  • いと
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    73.2点(586人)

  • 観たひと

    796

  • 観たいひと

    58

  • レビューの数

    101

基本情報

ジャンル ラブロマンス / 青春 / ドラマ
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2020/8/21
上映時間 130分
製作会社 映画『糸』製作委員会(TBSテレビ=東宝=毎日放送=ジェイアール東日本企画=CBCテレビ=KDDI=ポニーキャニオン=フ=ァインエンターテイメント=ツインズジャパン=RKB毎日放送=トップコート=毎日新聞社=ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス=北海道放送=LINE)(制作プロダクション:ファインエンターテイメント=ツインズジャパン)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督瀬々敬久 
脚本林民夫 
原案平野隆 
企画プロデュース平野隆 
製作辻本珠子 
下田淳行 
撮影斉藤幸一 
美術井上心平 
音楽亀田誠治 
Inspired by/主題歌中島みゆき:(「糸」(ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス))
編集早野亮 

キャスト

出演菅田将暉 高橋漣
小松菜奈 園田葵
山本美月 高木玲子
高杉真宙 冴島亮太
馬場ふみか 後藤弓
倍賞美津子 村田節子
永島敏行 桐野昭三
竹原ピストル 矢野清
松重豊 富田幸太郎
田中美佐子 桐野春子
山口紗弥加 園田真由美
成田凌 竹原直樹
斎藤工 水島大介
榮倉奈々 桐野香
石崎ひゅーい 
片寄涼太 
友情出演二階堂ふみ 山田利子

(C)2020映画『糸』製作委員会

解説

中島みゆきの同名曲に着想を得て「菊とギロチン」の瀬々敬久監督が、菅田将暉&小松菜奈W主演で映画化。平成元年生まれの高橋漣と園田葵が13歳で出逢い、別れ、そして平成の終わりに再びめぐり逢うまでの18年間を、平成史の変遷と共に映し出す壮大な愛の物語。共演は「ザ・ファブル」の山本美月、「前田建設ファンタジー営業部」の高杉真宙、「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」の榮倉奈々。

あらすじ

平成元年に生まれ、北海道で育った高橋漣と園田葵は13歳の時に出会い、初めての恋を経験する。だがある日、葵が突然姿を消す。養父からの虐待に耐えかねて、町から逃げ出したのだ。事情を知った漣は、必死の思いで葵を探し出し、駆け落ちを決行。しかし幼いふたりの逃避行は行く当てもなく、すぐに警察に保護されてしまうのだった。その直後、葵は母親に連れられ、北海道を去ることに。それを知らずにいた漣は、葵を見送ることすらできないまま、別れを迎えた……。それから8年。地元のチーズ工房に勤務する21歳の漣は、友人の結婚式に訪れた東京で、葵との再会を果たす。北海道で生きていくことを決意した漣と、世界中を飛び回って自分を試したい葵。それぞれ別の人生を歩み始めたふたりは、過ぎた時間を取り戻すことはできない。そして10年後、平成最後の年となる2019年。運命は、もう一度だけ、漣と葵をめぐり逢わせようとしていた……。

関連するキネマ旬報の記事

2021年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2020年 第94回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:読者選出日本映画ベスト・テン

2020年10月下旬号

読者の映画評:「ソワレ」加藤圭子/「糸」西松優/「れいこいるか」等力秀久

2020年9月上旬号

グラビアインタビュー 小松菜奈「糸」:

REVIEW 日本映画&外国映画:「糸」

2020年8月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「糸」

2020年8月上旬号

公開延期映画セレクション:「海辺の映画館ーキネマの玉手箱」/「燃えよ剣」/「峠 最後のサムライ」/「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」/「オフィシャル・シークレット」/「フェアウェル」/「糸」/「騙し絵の牙」/「ステップ」/「甘いお酒でうがい」/「朝が来る」/「子供はわかってあげない」/「れいわ一揆」/「ミセス・ノイズィ」/「ワンダーウーマン1984」/「ブラック・ウィドウ」/「トップガン マーヴェリック」/「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」/「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」/「キネマの神様」