男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アガサ・クリスティー ねじれた家

  • あがさくりすてぃーねじれたいえ
  • CROOKED HOUSE
  • CROOKED HOUSE
  • 平均評点

    68.4点(108人)

  • 観たひと

    152

  • 観たいひと

    34

  • レビューの数

    27

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 イギリス
製作年 2017
公開年月日 2019/4/19
上映時間 115分
製作会社 (企画:ブリリアント・フィルムズ)
配給 KADOKAWA
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2017 Crooked House Productions Ltd.

場面

予告編


     

解説

A・クリスティーのミステリー小説『ねじれた家』初の映画化。大富豪レオニデスが毒殺され、その孫娘ソフィアから捜査を依頼された探偵のチャールズ。レオニデスの一族には全員殺人の動機があった。しかし真相が見えたと確信したとき、第二の殺人が発生する。監督は、「サラの鍵」のジル・パケ=ブレネール。脚本は、「ゴスフォード・パーク」のジュリアン・フェロウズ。出演は、「天才作家の妻 40年目の真実」のグレン・クローズ、「アンコール!!」のテレンス・スタンプ、「天才作家の妻 40年目の真実」のマックス・アイアンズ、「バトル・オブ・ブリテン 史上最大の航空作戦」のステファニー・マティーニ、「英国総督 最後の家」のジリアン・アンダーソン、「ネオン・デーモン」のクリスティーナ・ヘンドリックス。

あらすじ

ギリシャで生まれ、若いころに無一文で英国へ渡り、レストラン経営で大成功を収め、巨万の富を築いたアリスティド・レオニデスが突然死ぬ。孫娘ソフィア(ステファニー・マティーニ)はかつての恋人チャールズ(マックス・アイアンズ)が営む探偵事務所に赴き、一族の誰かが祖父を殺したに違いないと打ち明け、捜査を依頼する。チャールズはロンドン警視庁を訪れ、タヴァナー主任警部(テレンス・スタンプ)からレオニデスの死因は毒殺であることを知らされる。レオニデスの大邸宅に到着したチャールズは、レオニデスの前妻の姉で一族を取り仕切るイーディス(グレン・ローズ)から聞き込みを始めるが、強烈な個性を放つ人々を相手に、捜査はなかなか進まない。さらに、愛人のいる若い後妻ブレンダ(クリスティーナ・ヘンドリックス)、映画製作の資金が欲しい長男夫妻、父から受け継いだ会社が倒産寸前の次男とその妻、そしてソフィアに至るまで、全員に殺人の動機があることに気付く。そんななか、レオニデスの遺言書が無効であることが発覚する。それをきっかけにチャールズは真相が見えたと確信するが、その推理を覆す第二の殺人が発生する……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年5月上・下旬合併号

REVIEW 日本映画&外国映画:「アガサ・クリスティー ねじれた家」

2019年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「アガサ・クリスティー ねじれた家」