男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ドント・ウォーリー

  • どんとうぉーりー
  • DON'T WORRY, HE WON'T GET FAR ON FOOT
  • DON'T WORRY, HE WON'T GET FAR ON FOOT
  • 平均評点

    72.1点(163人)

  • 観たひと

    238

  • 観たいひと

    49

  • レビューの数

    30

基本情報

ジャンル 伝記 / ヒューマン / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2019/5/3
上映時間 113分
製作会社 (制作:アイコノクラスト=アノニマス・コンテント・プロダクション)
配給 東京テアトル
レイティング PG-12
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

予告編


     

解説

ガス・ヴァン・サント監督が風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生を映画化。酒浸りのジョンは自動車事故により胸より下が麻痺し車いす生活を余儀なくされる。ますます酒に溺れ荒れる彼だったが、やがて持ち前の辛辣なユーモアを活かして風刺漫画を描き始める。俳優ロビン・ウィリアムズがジョン・キャラハンの自伝『Don't Worry He Won't Get Far on Foot: The Autobiography of Dangerous Man』の映画化権を得ており、当初からガス・ヴァン・サントを監督にと相談を持ち掛けていた。不屈のジョン・キャラハンを「ビューティフル・デイ」のホアキン・フェニックスが演じる。

あらすじ

アメリカ北西部オレゴン州ポートランドに住むジョン・キャラハン(ホアキン・フェニックス)は、酒浸りの日々を過ごしている。自動車事故に遭い胸から下が麻痺、車いす生活を余儀なくされた彼は、自暴自棄になり周囲と衝突。ますます酒に溺れていったが、やがて自分を憐れむことをやめ、過去から自由になる強さを得ていった。そして持ち前の辛辣なユーモアを活かし、麻痺のある手で風刺漫画を描き始める。彼のそばには、彼のことを好きでい続けるかけがえのない人たちの姿があった。

関連するキネマ旬報の記事

2019年5月上・下旬合併号

「ドント・ウォーリー」:インタビュー ガス・ヴァン・サント[監督]

「ドント・ウォーリー」:批評

UPCOMING 新作紹介:「ドント・ウォーリー」