男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ガス・ヴァン・サント

  • Gus Van Sant
  • 監督/製作/脚本/出演/EP
本名
出身地 ケンタッキー州ルイビル
生年月日 1952/07/24
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【ハリウッドの頂へ駆け登ったインディペンデント映画の雄】アメリカ、ケンタッキー州ルイビルの生まれ。ロードアイランド・スクール・デザインで映画と絵画を学んだのち、CM製作の仕事に従事。一時、ロジャー・コーマンのもとで助手をつとめ、1985年の「マラノーチェ」で監督デビューする。このデビュー作でロサンゼルス映画批評家協会最優秀インディペンデント・実験映画賞を獲得。日本では劇場未公開だった幻の作品だが、2007年に監督再編集のもとニュープリントでようやく公開された。続く「ドラッグストア・カウボーイ」(89)が数々の賞に輝き、一躍世界的な注目を浴びる。当時、美形スターとして人気を呼んでいたリヴァー・フェニックス、キアヌ・リーヴスを主演に描いた同性愛映画「マイ・プライベート・アイダホ」(91)も大きな評判を呼んだ。この初期3作はいずれもオレゴン州ポートランドを舞台にしているため、“ポートランド三部作”として知られている。ゲイ・テイストを押し出すインディペンデントな作風を確立しながら、自らを“ハリウッドの異端”と名乗っていた彼だが、95年、ニコール・キッドマン主演のサスペンス「誘う女」で一般的な客層までファンを広げる。そして97年、マット・デイモン、ベン・アフレック主演の「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」でアカデミー賞の監督賞、作品賞など9部門にノミネートされ、大メジャー監督となる。その後、アルフレッド・ヒッチコックの名作をオリジナルのショットのひとつひとつまで忠実に再現して物議を醸した「サイコ」(98)、ショーン・コネリー主演の感動作「小説家を見つけたら」(00)を放ち、ハリウッドでの存在感を高める。【インディペンデントへの回帰】このままメジャー路線を邁進するかに思われたヴァン・サントだが、02年、「GERRY/ジェリー」で衝撃的なインディペンデントへの回帰を果たす。さらにその原点回帰の成功を印象づけたのが、コロンバイン高校の銃無差別殺人を題材にした「エレファント」(03)で、カンヌ映画祭のパルムドールと監督賞のダブル受賞を果たした。以後もニルヴァーナのボーカル、カート・コバーンの死にインスパイアされた「ラストデイズ」(05)、ブレイク・ネルソンの小説を脚色した「パラノイドパーク」(07)と、独自の小規模なスタイルを徹底していく。そして08年、彼がこれまでたどったメジャー、マイナー路線の融合としての集大成とも言える「ミルク」を発表。同性愛者であることを公表してアメリカで初の公職に就いた実在の政治家、ハーヴェイ・ミルクの闘いを、正攻法でありながらもポップな味わいで映像化。作品賞はじめアカデミー賞8部門にノミネートされ、ミルクを演じたショーン・ペンが主演男優賞を受賞した。監督業以外にもプロデュース、絵画、写真、執筆などにも精力的に挑み、才能を発揮している。

キネマ旬報の記事

2009年5月上旬号

「ミルク」:ガス・ヴァン・サントがルーツに挑む

2007年7月下旬号

INTERVIEW キネ旬インタビュー:ガス・ヴァン・サント

2006年3月下旬号

INTERVIEW キネ旬インタビュー:1 ガス・ヴァン・サント

2004年3月下旬号

特集 「エレファント」:ガス・ヴァン・サント監督 インタビュー

2001年3月下旬号

作品特集 「小説家を見つけたら」:ガス・ヴァン・サントを見つけたら

1996年7月上旬夏の特別号

特集 誘う女:ガス・ヴァン・サント監督 インタビュー

1994年10月上旬秋の特別号

インタビュー THE FACE '94:ガス・ヴァン・サント

1994年9月上旬号

特集 カウガール・ブルース:監督論〈演出〉

特集 カウガール・ブルース:監督論〈バックグラウンド〉

1991年8月上旬号

THE FACE '91:ガス・ヴァン・サント