男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

惡の華

  • あくのはな
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    73.3点(115人)

  • 観たひと

    167

  • 観たいひと

    36

  • レビューの数

    26

基本情報

ジャンル 青春
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019/9/27
上映時間 127分
製作会社 『惡の華』製作委員会(ハピネット=ひかりTV=ファントム・フィルム=角川大映スタジオ=日活)(企画・製作幹事:ハピネット/共同幹事:ひかりTV/企画・制作プロダクション:角川大映スタジオ)
配給 ファントム・フィルム
レイティング PG-12
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督井口昇 
脚本岡田麿里 
原作押見修造:(『惡の華』(講談社))
製作松井智 
板東浩二 
小西啓介 
小畑良治 
新井重人 
プロデューサー永田芳弘 
涌田秀幸 
共同プロデューサー関口周平 
撮影早坂伸 
美術鈴木隆之 
装飾相田敏春 
小道具岡安明佳里 
音楽福田裕彦 
主題曲/主題歌リーガルリリー:(『ハナヒカリ』)
録音柳屋文彦 
音響効果井上奈津子 
照明田島慎 
編集山本彩加 
衣裳藤山晃子 
ヘアメイクリョータ 
アソシエイトプロデューサー山野邊雅祥 
冨松俊雄 
制作担当伊東祐之 
助監督南柱根 
VFX鹿角剛 
大畑智也 

キャスト

(C)押見修造/講談社 (C)2019映画『惡の華』製作委員会

場面

予告編


     

解説

押見修造による同名コミックを、「覚悟はいいかそこの女子。」の井口昇の監督と伊藤健太郎の主演により実写化。中学2年生の春日高男は、衝動に駆られ佐伯奈々子の体操着を持ち去ったところをクラスの問題児・仲村佐和に目撃され、彼女に隷属することになる。脚本は「心が叫びたがってるんだ。」の岡田麿里。息苦しい日々をやり過ごす春日を伊藤健太郎が、春日を服従させる仲村佐和を「Diner ダイナー」の玉城ティナが演じるほか、オーディションで選ばれた秋田汐梨、「暗黒女子」の飯豊まりえらが出演。

あらすじ

山々に囲まれ、閉塞感漂う地方都市。中学2年生の春日高男(伊藤健太郎)は、ボードレールの詩集『惡の華』を心のよりどころにして、息苦しい日々をどうにかやり過ごしていた。ある日の放課後、教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子(秋田汐梨)の体操着を見つけた春日は、衝動に駆られ、その体操着を掴んで逃げ出してしまう。しかし一部始終をクラスの問題児・仲村佐和(玉城ティナ)が一部始終を目撃しており、この一件を秘密にする代わりにある契約を持ちかける。このことから仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった。仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちにアイデンティティが崩壊し絶望を知る春日。『惡の華』への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めていたころ、二人は夏祭りの夜に大事件を起こす。

関連するキネマ旬報の記事

2019年10月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「惡の華」

2019年10月上旬特別号

UPCOMING 新作紹介:「惡の華」

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.27 平野紫耀「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」

Special Issue① さまざまな青春、さまざまな恋:「惡の華」 LONG INTERVIEW 伊藤健太郎

Special Issue① さまざまな青春、さまざまな恋:「惡の華」 TALK SESSION 伊藤健太郎×玉城ティナ