男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

運び屋

  • はこびや
  • THE MULE
  • THE MULE
  • 平均評点

    79.6点(1446人)

  • 観たひと

    1952

  • 観たいひと

    129

  • レビューの数

    216

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / スリラー / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2019/3/8
上映時間 116分
製作会社
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

解説

「グラン・トリノ」以来、10年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を兼任した作品。90歳で孤独な生活を送る男アール・ストーンは、クルマの運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。だがそれは、メキシコの麻薬カルテルの運び屋だった。共演は「アリー/ スター誕生」のブラッドリー・クーパー、「30年後の同窓会」のローレンス・フィッシュバーン。

あらすじ

アール・ストーン(クリント・イーストウッド)は金もなく、孤独に暮らす90歳の男。商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけた時、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。それなら簡単と引き受けたものの、それが実はメキシコの麻薬カルテルの“運び屋”だということを、彼は知らなかった……。

関連するキネマ旬報の記事

2020年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2019年 第93回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:外国映画ベスト・テン

2019年 第93回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:読者選出外国映画ベスト・テン

2019年5月上・下旬合併号

読者の映画評:「岬の兄妹」袋布修一/「運び屋」田中俊巳/「あの日のオルガン」

2019年4月下旬号

特別寄稿「運び屋」:

読者の映画評:「グリーンブック」加藤哲夫/「運び屋」船戸五郎/「女王陛下のお気に入り」大場康

2019年3月下旬映画業界決算特別号

巻頭特集 「運び屋」:インタビュー クリント・イーストウッド[監督・製作・主演]

巻頭特集 「運び屋」:論考

巻頭特集 「運び屋」:コラム「サッドヒルを掘り返せ」

UPCOMING 新作紹介:「運び屋」

REVIEW 日本映画&外国映画:「運び屋」