男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

どうしようもない恋の唄

  • どうしようもないこいのうた
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    54.1点(53人)

  • 観たひと

    71

  • 観たいひと

    16

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ラブロマンス / エロス / ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2018/8/4
上映時間 96分
製作会社 クロックワークス(制作:ステアウェイ)
配給 クロックワークス
レイティング R-15
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督西海謙一郎 
脚本龍一朗 
石川均 
原作草凪優 
エグゼクティブプロデューサー藤本款 
プロデューサー木村俊樹 
撮影工藤哲也 
美術石毛朗 
音楽神尾憲一 
録音長島慎介 
照明大庭郭基 
編集小林由加子 
製作担当中村元 
助監督木ノ本豪 

キャスト

(C) 2018 クロックワークス 草凪優/祥伝社

解説

「この官能文庫がすごい!」2010年の大賞を受賞した華凪優の同名小説を映画化したラブストーリー。事業に失敗し、妻にも捨てられた矢代光敏は、迷い込んだ場末の町でソープ嬢のヒナと出会う。彼女に救われ、生きる希望を見出していく矢代だったが……。出演は「ケンとカズ」のカトウシンスケ、広告代理店のOLからグラビア界に転身して話題を集めた藤崎里菜。監督は「チェリーボーイズ」の西海謙一郎。

あらすじ

事業に失敗し、妻にも捨てられ、死に場所を求めて迷い込んだ場末の町。矢代光敏(カトウシンスケ)は、そこで出会ったソープ嬢のヒナ(藤崎里菜)に拾われる。危ういほどに純真で無防備なヒナの明るさとその肉体に溺れるうち、いつしか生きる希望を見出してゆく矢代。事業を再開し、ドン底の生活から抜け出そうと決意する矢代だったが、その先には思いもよらない落とし穴が待ち受けていた……。どうしようもない男と女が七転八倒の末に辿り着く愛の結末とは……?

関連するキネマ旬報の記事

2018年9月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「どうしようもない恋の唄」

2018年8月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「どうしようもない恋の唄」