男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

夜明け前 呉秀三と無名の精神障害者の100年

  • よあけまえくれしゅうぞうとむめいのせいしんしょうがいしゃのひゃくねん
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    67.8点(5人)

  • 観たひと

    9

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 伝記
製作国 日本
製作年 2017
公開年月日 2018/6/2
上映時間 66分
製作会社 記念映画製作委員会(公益財団法人日本精神衛生会=きょうされん=有限会社イメージ・サテライト)(製作協力:工房ギャレット)
配給 イメージ・サテライト
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット BD

スタッフ

監督今井友樹 
監修広瀬徹也 
企画藤井克徳 
プロデューサー中橋真紀人 
撮影小原信之 
音楽上野信一 
録音協力姫田蘭 
整音高木創 
編集古賀陽一 

キャスト

(C)「呉秀三記念映画」製作委員会/2018

場面

解説

日本における精神医療の先駆者・呉秀三に焦点を当てたドキュメンタリー。精神疾患を持つ人々が座敷牢に幽閉される状況を憂い、1918年報告書『精神病者私宅監置ノ実況及ビ其統計的観察』を発表、治療と処遇の改善を訴え多方面に働きかけた彼の足跡を辿る。監督は、「鳥の道を越えて」で2014年度文化庁映画賞文化記録映画優秀賞を受賞した今井友樹。ナレーションを女優の竹下景子が務める。

あらすじ

日本における精神医療の礎を築いた東京帝国大学医科大学教授精神科教授・呉秀三。当時精神疾患を抱える者は自宅の座敷牢に押し込まれていた状況を憂いた彼は、病者を病院で看るよう新しい法律の制定を目指し実態調査。1918年に「わが邦十何万の精神病者は実にこの病を受けたるの不幸の他に、この邦に生まれたるの不幸を重ぬるものというべし」との一節を記した報告書『神病者私宅監置ノ実況及ビ其統計的観察』を発表し、精神障碍者の治療と処遇の改善を訴え多方面に働きかけた。本作では、呉秀三研究の第一人者・岡田靖雄氏や座敷牢問題の調査研究を続ける愛知県立大学教授・橋本明氏、都立松沢病院院長・齋藤正彦氏ヘのインタビユーを軸に呉秀三の足跡を辿るとともに、座敷牢調査から100年経ってもなお偏見や差別の対象となる精神病をめぐる現状、そして人間の尊厳について問いかける。

関連するキネマ旬報の記事

2019年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2018年 第92回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:文化映画ベスト・テン