男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

スティルライフオブメモリーズ

  • すてぃるらいふおぶめもりーず
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    63.0点(92人)

  • 観たひと

    131

  • 観たいひと

    35

  • レビューの数

    23

基本情報

ジャンル ヒューマン / アート / ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2018/7/21
上映時間 107分
製作会社 プレジュール=フィルムバンディット(制作協力:ザフール)
配給 「スティルライフオブメモリーズ」製作委員会
レイティング R-18
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

監督矢崎仁司 
脚本朝西真沙 
伊藤彰彦 
原作四方田犬彦:(『映像要理』(朝日出版社))
企画・製作伊藤彰彦 
プロデューサー新野安行 
撮影石井勲 
美術田中真紗美 
音楽田中拓人 
照明大坂章夫 
編集目見田健 
衣装石原徳子 
メイク宮本真奈美 
キャスティング斎藤緑 
写真中村早 

キャスト

(C)Plasir/Film Bandit

解説

フランスの画家・写真家アンリ・マッケローニの写真集に想を得た「無伴奏」の矢崎仁司監督作。新進気鋭の写真家・春馬の写真展にキュレーターの怜が訪れる。その作品に心を奪われた怜は、何も訊かないこととネガを貰うことを条件に自分を撮ってほしいと春馬に切り出す。主人公の春馬を演じるのは、「ストロベリーショートケイクス」以来、矢崎監督と2度目のタッグとなる安藤政信。共演は「光と血」の永夏子、「蠱毒 ミートボールマシン」の松田リマ、「夢の女 ユメノヒト」の伊藤清美。音楽を「幼な子われらに生まれ」の田中拓人が担当。撮影は、矢崎監督のデビュー作「風たちの午後」以降、数々の矢崎作品を手がける石井勲。2018年3月10日、『第13回大阪アジアン映画祭』にてワールドプレミア上映。2018年3月17日、『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018』にて上映。

あらすじ

東京のフォトギャラリーで新進気鋭の若手写真家・春馬(安藤政信)の写真展が開催される。たまたまギャラリーを訪れた山梨県立写真美術館のキュレーターである怜(永夏子)は、その写真に心を奪われる。翌日、何も訊かないこととネガを貰うことを条件に、自分を撮ってほしいと春馬に切り出す怜。突然の依頼に戸惑いながらも、アトリエが夕陽に包まれるなか、春馬は怜に向けてシャッターを切るのだった。撮影を通じて惹かれ合っていくふたり。そんな折、妊娠中の春馬の恋人・夏生(松田リマ)が怜の存在を知り、夏生は春馬と怜の創作作業に立ち入れない自分に歯がゆさを募らせていく。春馬と怜の撮影は続き、やがて男女3人の関係は衝撃的な結末に向かっていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年12月上旬号

読者の映画評:「スティルライフオブメモリーズ」南包/「デス・ウィッシュ」五十嵐凌/「僕の帰る場所」志村秀人

2018年8月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「スティルライフオブメモリーズ」

2018年8月上旬特別号

「スティルライフオブメモリーズ」:対談 矢崎仁司[監督]×伊藤彰彦[プロデューサー]

UPCOMING 新作紹介:「スティルライフオブメモリーズ」

2018年6月下旬号

試写室:「スティルライフオブメモリーズ」