男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

グリンチ(2018)

  • ぐりんち
  • THE GRINCH
  • THE GRINCH
  • 平均評点

    66.0点(178人)

  • 観たひと

    260

  • 観たいひと

    38

  • レビューの数

    25

基本情報

ジャンル アニメーション / ファンタジー
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2018/12/14
上映時間 86分
製作会社
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演(声)ベネディクト・カンバーバッチ グリンチ
大泉洋 グリンチ
 ドナ
秋山竜次(ロバート)ブリクルバウム
横溝菜帆 シンディ・ルー
宮野真守 ナレーター

(C)UNIVERSAL PICTURES

場面

予告編


     

解説

2000年にも実写映画化された世界的絵本作家ドクター・スースの名作をアニメーション映画化。可愛らしい幼少期を過ごしながらも、すっかりひねくれものに成長したグリンチは、山麓の村人たちが楽しみにしているクリスマスを盗む計画を立てるが……。日本語版でグリンチの声を演じるのは「焼肉ドラゴン」の大泉洋。英語版は「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のベネディクト・カンバーバッチ。監督は「ペット」のヤーロウ・チェイニーと「恋するポルノ・グラフィティ」のプロデューサー、スコット・モシャーが共同で務める。

あらすじ

つぶらな瞳が愛らしい超キュートな幼少期を過ごしながらも、すっかりひねくれた大人に成長したグリンチ。今では洞窟の中で暮らし、愛犬マックスの献身的な振る舞いにもぶっきらぼうな対応。さらには、山麓の村人たちにいじわるをして楽しむという“超”がつくほどのひねくれ者に。不機嫌で孤独なグリンチはやがて、とんでもない計画を立てる。村のみんなが大好きな“クリスマス”を盗もうというのだ。小さい頃はあれほど可愛かったグリンチに、大人になるまでの間、一体何があったのか……?そして、彼のとんでもない計画の行方は……?

関連するキネマ旬報の記事

2019年1月下旬新春特別号

戯画日誌:第94回 ドラマの力と画の力 そのバランスの難しさ

2018年12月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「グリンチ」