男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ゲティ家の身代金

  • げてぃけのみのしろきん
  • ALL THE MONEY IN THE WORLD
  • ALL THE MONEY IN THE WORLD
  • 平均評点

    72.5点(303人)

  • 観たひと

    433

  • 観たいひと

    89

  • レビューの数

    51

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2017
公開年月日 2018/5/25
上映時間 133分
製作会社
配給 KADOKAWA
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

場面

予告編


     

解説

破格の身代金を要求された実際の誘拐事件を「エイリアン」のリドリー・スコットが映画化。世界一の大富豪ゲティの孫ポールが誘拐され、1700万ドルの身代金を要求されるが、彼は支払いを拒む。ポールの母ゲイルは誘拐犯だけでなく、ゲティとも戦うことに。出演は、「グレイテスト・ショーマン」のミシェル・ウィリアムズ、「手紙は憶えている」のクリストファー・プラマー、「ゴーストライター」のティモシー・ハットン、「彼は秘密の女ともだち」のロマン・デュリス、「パトリオット・デイ」のマーク・ウォールバーグ。第75回ゴールデングローブ賞監督賞、主演女優賞、助演男優賞ノミネート。第90回アカデミー賞助演男優賞ノミネート。

あらすじ

“世界中のすべての金を手にした”と言われた世界一の大富豪、石油王のジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)の17歳の孫ポールが誘拐され、1700万ドルという破格の身代金を要求される。しかし、大富豪であり稀代の守銭奴でもあるゲティは、その支払いを拒否する。ポールの母ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)は離婚によりゲティ家を離れ、一般家庭の人間になっていた。彼女は息子のために誘拐犯だけでなく、ゲティとも戦うことになる。警察から狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、ゲイルは疲弊していく。一方、身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身が危なくなっていた。ゲティはそれでも頑なに身代金を支払おうとしない。ゲイルは愛する息子のため、一か八かの賭けに出る。

関連するキネマ旬報の記事

2018年6月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ゲティ家の身代金」

2018年6月上旬特別号

UPCOMING 新作紹介:「ゲティ家の身代金」

2018年5月下旬号

試写室:「ゲティ家の身代金」