男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ローズの秘密の頁(ぺージ)

  • ろーずのひみつのぺーじ
  • THE SECRET SCRIPTURE
  • THE SECRET SCRIPTURE
  • 平均評点

    73.0点(157人)

  • 観たひと

    204

  • 観たいひと

    47

  • レビューの数

    28

基本情報

ジャンル ラブロマンス / 文芸 / ドラマ
製作国 アイルランド
製作年 2016
公開年月日 2018/2/3
上映時間 108分
製作会社
配給 彩プロ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(c)2016 Secret Films Limited

予告編


     

解説

アイルランドの作家セバスチャン・バリーによる小説を「ドリームハウス」のジム・シェリダン監督が映画化。赤ん坊殺しの罪で40年間を精神病院で過ごしてきたローズ。罪を否認し続けるローズの封印されてきた過去が、1人の医師と1冊の聖書によって暴かれていく。出演は「キャロル」のルーニー・マーラ、「フォックスキャッチャー」のヴァネッサ・レッドグレイヴ、「キング・アーサー」のエリック・バナ、「シング・ストリート 未来へのうた」のジャック・レイナー、「ダイバージェント」シリーズのテオ・ジェームズ。

あらすじ

取り壊しが決まったアイルランド西部にある聖マラキ精神病院。転院する患者たちの再診のため、病院を訪れた精神科医グリーン(エリック・バナ)は。赤ん坊殺しの罪で“精神障害犯罪者”として40年間収容されている老女ローズ・F・クリア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)を看ることになる。罪を否認し、自分の名を「ローズ・マクナリティ」と訴え続ける彼女の様子が一般的な患者と異なることに気付いたグリーンは、ローズが大切にしている1冊の聖書の存在を知り、彼女の過去に興味を持ち始める。実はローズは何十年にもわたり、聖書のなかに秘かに日記を書き綴っていたのだ。やがて、ローズは日記を辿りながら半世紀前の記憶を遡り、自分の人生を語り始める……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年3月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ローズの秘密の頁」

2018年2月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ローズの秘密の頁(ページ)」