男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

こどもしょくどう

  • こどもしょくどう
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    73.4点(59人)

  • 観たひと

    72

  • 観たいひと

    13

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル 社会派 / ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2019/3/23
上映時間 93分
製作会社 パル企画=コピーライツファクトリー=バップ
配給 パル企画
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

監督日向寺太郎 
脚本足立紳 
山口智之 
原作足立紳 
エグゼクティブプロデューサー岡本東郎 
製作鈴木ワタル 
瀬井哲也 
プロデューサー岩村修 
行実良 
撮影鈴木達夫 
美術丸山裕司 
装飾畠山和久 
音楽Castle in the Air 
主題歌Castle in the Air:(『こどもしょくどう』)
古川凛 
田中千空 
録音橋本泰夫 
音響効果橋本泰夫 
照明三上日出志 
編集川島章正 
衣装宮本茉莉 
ヘアメイク小堺なな 
作詞俵万智 
作曲谷川公子 
制作担当桑原昌英 
助監督谷口正行 
スチール遠崎智宏 
VFXスーパーバイザー立石勝 
製作協力古澤敏文 

キャスト

出演藤本哉汰 高野ユウト
鈴木梨央 木下ミチル
浅川蓮 大山タカシ
古川凛 木下ヒカル
田中千空 高野ミサ
林卓 
降谷建志 木下次郎
石田ひかり 木下朋美
常盤貴子 高野佳子
吉岡秀隆 高野作郎

(C)2018「こどもしょくどう」製作委員会

場面

予告編


     

解説

「爆心 長崎の空」の日向寺太郎監督が、子ども食堂を題材に、現代社会の貧困問題を子どもの目線から捉えた人間ドラマ。食堂を営む家族と暮らすユウトと母親に放置されているのを心配されユウトの家によく招かれるタカシは、父親と車上生活する姉妹と出会う。満足な食事をとることのできない子どもたちの拠り所であり、地域の新たなコミュニティの場として全国各地に広がりつつある子ども食堂の背景にある社会状況を描く。「百円の恋」で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した足立紳が脚本に参加。出演は「ひまわりと子犬の7日間」の藤本哉汰、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の鈴木梨央ほか。

あらすじ

食堂を営む両親と妹に囲まれ健やかに過ごす小学5年生の高野ユウト(藤本哉汰)。一方、母子家庭であるタカシは、母がわずかなお金を置いたまま家にほとんど戻らず、育児放棄されている。ユウトの両親はそんなタカシを心配してよく夕食を振舞っていた。ある日、河原で父親と車中生活をしているミチル(鈴木梨央)とヒカルの姉妹と出会い、ユウトは彼女たちを哀れみ、タカシは仲間意識と少しの優越感を抱く。ユウトは姉妹を見かね、両親に二人にも食事を出してほしいと願い出る。妹のヒカルは久しぶりの温かいご飯に喜ぶものの、姉のミチルはどことなく他人を拒絶している様子だった。数日後、ミチルとヒカルの父親が失踪。これまでユウトは面倒なことを避けようとする事なかれ主義だったが、行き場のない姉妹とともにある行動に出る。

関連するキネマ旬報の記事

2019年4月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「こどもしょくどう」

2019年4月上旬号

「こどもしょくどう」:インタビュー 日向寺太郎[監督]

「こどもしょくどう」:作品評

「こどもしょくどう」:インタビュー 釜池雄高[こども食堂ネットワーク事務局]

UPCOMING 新作紹介:「こどもしょくどう」