男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

娼年

  • しょうねん
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    66.7点(633人)

  • 観たひと

    971

  • 観たいひと

    77

  • レビューの数

    101

基本情報

ジャンル ラブロマンス / エロス / ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2017
公開年月日 2018/4/6
上映時間 119分
製作会社 映画「娼年」製作委員会(ファントム・フィルム=ハピネット=ホリプロ=集英社)(製作幹事:ファントム・フィルム =ハピネット/制作プロダクション:ホリプロ/企画製作:ファントム・フィルム)
配給 ファントム・フィルム
レイティング R-18
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督三浦大輔 
脚本三浦大輔 
原作石田衣良:(『娼年』(集英社文庫))
エグゼクティブプロデューサー金井隆治 
津嶋敬介 
企画プロデュース小西啓介 
製作小西啓介 
松井智 
堀義貴 
木下暢起 
プロデューサー永田芳弘 
山野邊雅祥 
藤原努 
石田麻衣 

キャスト

出演松坂桃李 森中領
真飛聖 御堂静香
冨手麻妙 咲良
猪塚健太 平戸東
桜井ユキ 
小柳友 田島進也
馬渕英里何 
荻野友里 
佐々木心音 
大谷麻衣 
階戸瑠李 
西岡徳馬 泉川
江波杏子 老女

(C)石田衣良/集英社 2017映画「娼年」製作委員会

解説

性の極限を描いた石田衣良の直木賞候補作を、2016年の舞台に続き松坂桃李主演、「何者」の三浦大輔監督で映画化。ボーイズクラブのオーナー静香に娼夫になるよう誘われるリョウ。女性や恋に興味がなかった彼が、次第に女性の欲望の奥深さに気付いていく。松坂桃李が成長していくリョウを体当たりで演じるほか、元宝塚歌劇団花組トップスターの真飛聖、「アンチポルノ」の冨手麻妙、「関ケ原」の西岡徳馬らが出演。また、舞台版に続き江波杏子が老女役を演じる。

あらすじ

大学生のリョウは、大学生活に飽きバーでのバイトに明け暮れ、無気力な生活を送っていた。ある日、ホストクラブで働いている中学校の同級生・田島進也が、客の御堂静香を連れ立ちリョウの勤めるバーにやってくる。女や恋愛に興味がないと言い放つリョウ。そんな彼に、静香はオーナーをしている秘密の会員制ボーイズクラブ『パッション』に入るための試験を受けさせる。戸惑いつつも娼夫として仕事をするうちに、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、やりがいを見出すように。そして彼を買った女性たちは、どんな女性の欲望も引き出す彼と時間を過ごすことにより、自分を解放していく。やがてリョウは静香に対して思いを寄せるようになるが……。

関連するキネマ旬報の記事

キネマ旬報 featuring 松坂桃李

「娼年」対談:主演・監督対談 ×三浦大輔

「娼年」:主演・原作者対談 ×石田衣良

「娼年」フォトストーリー:

2018年5月上旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「娼年」

2018年4月下旬号

「娼年」:松坂桃李 ロングインタビュー

「娼年」:三浦大輔[監督]

「娼年」:「娼年」の"やさしい"表現

「娼年」:俳優・松坂桃李について

2018年4月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「娼年」