男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

海を駆ける

  • うみをかける
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    66.7点(178人)

  • 観たひと

    243

  • 観たいひと

    33

  • レビューの数

    37

基本情報

ジャンル ファンタジー / ドラマ
製作国 日本=インドネシア=フランス
製作年 2018
公開年月日 2018/5/26
上映時間 107分
製作会社 日活=東京テアトル=アミューズ=太陽企画=朝日新聞社=TBSサービス=Comme des Cinémas=Kaninga Pictures(企画制作:日活)
配給 日活=東京テアトル
レイティング 一般映画
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

監督深田晃司 
脚本深田晃司 
エグゼクティブプロデューサー太田和宏 
荒木宏幸 
江口航治 
宮崎伸夫 
梅村昭夫 
澤田正道 
ウィラワティ 
製作新井重人 
プロデューサー小室直子 
紀嘉久 
コ・プロデューサー澤田正道 
ジョヴァンニ・ラフマデヴァ 
撮影芦澤明子 
美術Dita Gambiro 
音楽小野川浩幸 
照明永田英則 
編集深田晃司 

キャスト

(C)2018「海を駆ける」製作委員会

解説

「淵に立つ」の深田晃司監督が、インドネシアを舞台に紡ぎ出すファンタジー。海岸で倒れていた謎の男を預かることになった災害復興の仕事をしている貴子。息子のタカシたちと共に男の身元を捜索するなか、その周りで次々と不思議な現象と奇跡が起こり始める。出演は「結婚」のディーン・フジオカ、「南瓜とマヨネーズ」の太賀、「2つ目の窓」の阿部純子、「ほとりの朔子」の鶴田真由。

あらすじ

インドネシア、スマトラ島北端に位置するバンダ・アチェの海岸で男(ディーン・フジオカ)がひとり倒れている……。日本からアチェに移住し、NPO法人で地震災害復興支援の仕事をしている貴子(鶴田真由)は、息子・タカシ(太賀)と暮していた。タカシの同級生クリス(アディパティ・ドルケン)、その幼馴染でジャーナリスト志望のイルマ(セカール・サリ)が、貴子の家で取材をしている最中、日本人らしき男が海岸で発見されたとの連絡が入る。まもなく日本からやって来る親戚のサチコ(阿部純子)の出迎えをタカシに任せ、貴子は男の身元確認に向かう。記憶喪失ではないかと診断された男は、しばらく貴子の家で預かることになり、海で発見されたことからインドネシア語で“海”を意味する“ラウ”と名付けられる。だが彼に関する確かな手掛かりはなく、貴子と共にタカシやクリス、イルマ、サチコもラウの身元捜しを手伝うことに。片言の日本語やインドネシア語は話せるようだが、いつもただ静かに微笑んでいるだけのラウ。そんななか、彼の周りで不可思議な現象と奇跡が起こり始めるのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年6月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「海を駆ける」

2018年6月上旬特別号

「海を駆ける」:ディーン・フジオカ×深田晃司[監督]対談

「海を駆ける」:インタビュー 芦沢明子[撮影]

「海を駆ける」:作品論

UPCOMING 新作紹介:「海を駆ける」