男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

鈴木家の嘘

  • すずきけのうそ
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    78.0点(168人)

  • 観たひと

    221

  • 観たいひと

    76

  • レビューの数

    46

基本情報

ジャンル コメディ / ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2018/11/16
上映時間 133分
製作会社 松竹ブロードキャスティング(制作プロダクション:ハーベストフィルム)
配給 松竹ブロードキャスティング=ビターズ・エンド
レイティング PG-12
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

監督野尻克己 
脚本野尻克己 
エグゼクティブプロデューサー深田誠剛 
企画プロデュース小野仁史 
製作井田寛 
プロデューサー近藤貴彦 
撮影中尾正人 
美術渡辺大智 
塚根潤 
音楽明星/Akeboshi 
主題歌明星/Akeboshi 
音響効果吉田優貴 
照明秋山恵二郎 
編集早野亮 
衣装小里幸子 
ヘアメイク豊川京子 
キャスティング山田恵理子 
ラインプロデューサー伊達真人 
助監督小南敏也 
スチール三木匡宏 
VFXスーパーバイザー田中貴志 
新体操指導山本里佳 

キャスト

出演岸部一徳 鈴木幸男
原日出子 鈴木悠子
木竜麻生 鈴木富美
加瀬亮 鈴木浩一
吉本菜穂子 日比野さつき
宇野祥平 北別府
山岸門人 佐古
川面千晶 米山
島田桃依 小林
金子岳憲 武富
レベッカ・ヤマダ フランシスカ
政岡泰志 神谷
岸本加世子 鈴木君子
大森南朋 吉野博

(C)松竹ブロードキャスティング

場面

予告編


     

解説

作家主義・俳優発掘をテーマにした松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第6弾となる人間ドラマ。ある日突然、ひきこもりの長男が自殺する。ショックで記憶を失った母のために、父と長女は「彼は仕事でアルゼンチンに行った」と嘘をつく。監督・脚本は、「セトウツミ」などの助監督を務めてきた野尻克己。出演は、「北の桜守」の岸辺一徳、「リップヴァンウィンクルの花嫁」の原日出子、「菊とギロチン」の木竜麻生、「モリのいる場所」の加瀬亮。

あらすじ

ひきこもりだった鈴木家の長男・浩一(加瀬亮)は、ある日突然、自ら命を絶つ。ショックのあまり記憶を失った母・悠子(原日出子)のため、父・幸男(岸辺一徳)と長女・富美(木竜麻生)は、「浩一は海外で事業を始めた叔父の手伝いをするため、アルゼンチンに旅立った」と嘘をつく。父は原宿でチェ・ゲバラのTシャツを探し、富美は兄になり代わって手紙を書き、親戚たちも巻き込んでアリバイ作りに勤しむが……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2018年 第92回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:日本映画ベスト・テン

2018年 第92回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:読者選出日本映画ベスト・テン

2018年12月下旬号

グラビアインタビュー:木竜麻生「鈴木家の嘘」

2018年12月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「鈴木家の嘘」

2018年11月下旬号

「鈴木家の嘘」:インタビュー 野尻克己[監督]

「鈴木家の嘘」:インタビュー 岸部一徳

「鈴木家の嘘」:インタビュー 原日出子

「鈴木家の嘘」:作品論

UPCOMING 新作紹介:「鈴木家の嘘」

2018年10月下旬号

試写室:「鈴木家の嘘」