男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

オレの獲物はビンラディン

  • おれのえものはびんらでぃん
  • ARMY OF ONE
  • ARMY OF ONE
  • 平均評点

    64.5点(74人)

  • 観たひと

    108

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    12

基本情報

ジャンル コメディ / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2016
公開年月日 2017/12/16
上映時間 92分
製作会社
配給 トランスフォーマー
レイティング PG-12
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2016 AOO Distribution, LLC. All rights Reserved

予告編


     

解説

アメリカ同時多発テロの首謀者オサマ・ビンラディンの誘拐を企てたアメリカ人の実話に基づくコメディ。「パキスタンに行って、ビンラディンを捕まえろ」という神の啓示を受けた中年男ゲイリーは、あらゆる困難を乗り越え、パキスタンに辿り着くが……。出演は「ヴェンジェンス」のニコラス・ケイジ、「ロック・オブ・エイジズ」のラッセル・ブランド。監督は「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」のラリー・チャールズ。

あらすじ

コロラド州の片田舎。愛国心溢れる中年男のゲイリー・フォークナー(ニコラス・ケイジ)は、米同時多発テロの首謀者とされるテロリスト、オサマ・ビンラディンの居場所をいつまでも見つけられない政府に苛立っていた。そんなある日、彼は日課となっている人工透析の最中、神の啓示を受ける。“パキスタンに行って、ビンラディンを捕まえろ!”。この国を救えるのは、自分だけだ……!使命感に燃えたゲイリーは、任務遂行に奔走。資金調達のためにラスベガスへ飛び、入国手段のヨットを探し、武器として日本刀を調達……。あらゆる困難を乗り越え、ようやく辿り着いたパキスタン。ところが、彼を待ち受けていたのは、意外にもフレンドリーな人々だった……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年1月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「オレの獲物はビンラディン」

2017年12月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「オレの獲物はビンラディン」