男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

海辺のリア

  • うみべのりあ
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    62.9点(168人)

  • 観たひと

    237

  • 観たいひと

    37

  • レビューの数

    45

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2016
公開年月日 2017/6/3
上映時間 105分
製作会社 「海辺のリア」製作委員会(日本映画放送=カルチュア・エンタテインメント=WOWOW=ビーエスフジ=東京テアトル)(企画・制作:モンキータウンプロダクション)
配給 東京テアトル
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督小林政広 
脚本小林政広 
エグゼクティブプロデューサー杉田成道 
プロデューサー宮川朋之 
小林政広 
撮影監督神戸千木 
撮影古屋幸一 
美術鈴木隆之 
小道具佐々木一陽 
音楽佐久間順平 
録音小宮元 
音響効果渋谷圭介 
編集金子尚樹 
衣裳デザイナー黒澤和子 
衣裳大塚満 
澤谷良 
ヘアメイク小泉尚子 
音楽演奏Matthias String 
アソシエイト・プロデューサーニック・ウエムラ 
塚田洋子 
制作担当棚瀬雅俊 
制作進行小貫剛 
助監督石田和彦 
タイトル小林直子 

キャスト

出演仲代達矢 桑畑兆吉
黒木華 伸子
原田美枝子 由紀子
小林薫 謎の運転手
阿部寛 行男

(C)「海辺のリア」製作委員会

場面

予告編


     

解説

小林政広監督と仲代達矢が「春との旅」「日本の悲劇」に続き三度組んだ人間ドラマ。認知症の疑いがかかった往年のスター桑畑兆吉は家族に騙され老人ホームに入居。脱走し海辺をさすらううちに妻以外の女に産ませた娘と再会し、彼の胸に人生最後の輝きが宿る。芝居をこよなく愛しシェイクスピア四大悲劇の一つ『リア王』と自身を重ねる兆吉を仲代達矢が演じるほか、「リップヴァンウィンクルの花嫁」の黒木華、「蜩ノ記」の原田美枝子、『深夜食堂』シリーズの小林薫、「海よりもまだ深く」の阿部寛らが出演。

あらすじ

舞台に映画にと役者として半世紀以上活躍し俳優養成所を主宰する往年のスター、桑畑兆吉(仲代達矢)。芝居をこよなく愛した彼も今や認知症の疑いがかかり、長女の由紀子(原田美枝子)とその夫であり兆吉の弟子だった行男(阿部寛)、さらに由紀子の愛人である運転手(小林薫)に遺書を書かされた挙句に高級老人ホームへ送られる。しかし兆吉は施設を脱走し、シルクのパジャマの上にコートを羽織った姿でスーツケースを引きずりながら海辺をあてもなくさまよい歩く。すると、妻以外の女に産ませた娘・伸子(黒木華)と突然再会。兆吉は私生児を産んだ伸子を許せず、家から追い出していた。そんな伸子に、シェイクスピア作の悲劇『リア王』に登場するリアの末娘・コーディーリアを重ねる兆吉。『リア王』の狂気が乗り移りかつての記憶が溢れ出す兆吉の心に、人生最後の輝きが宿る。

関連するキネマ旬報の記事

2017年6月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「海辺のリア」

2017年6月上旬号

「海辺のリア」:インタビュー 仲代達矢 誰もが老いて死を迎える中で、いかに生をまっとうするか

「海辺のリア」:インタビュー 小林政広[監督] こんな仲代さんは見たことがないと、ビックリするんじゃないかな

UPCOMING 新作紹介:「海辺のリア」