男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

メリー・ポピンズ・リターンズ

  • めりーぽぴんずりたーんず
  • MARY POPPINS RETURNS
  • MARY POPPINS RETURNS
  • 平均評点

    74.6点(489人)

  • 観たひと

    730

  • 観たいひと

    89

  • レビューの数

    74

基本情報

ジャンル ミュージカル / ファンタジー / ファミリー
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2019/2/1
上映時間 131分
製作会社
配給 ウォルト・ディズニー・ジャパン
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2019 Disney. All Rights Reserved.

予告編


     

解説

P.L.トラヴァースの児童文学を原作にしたミュージカル・ファンタジー「メリー・ポピンズ」の20年後を描く続編。大恐慌時代のロンドン。妻を亡くし悲しみに暮れるマイケル一家のもとに、以前と変わらぬ姿の魔法使いメリー・ポピンズが舞い降りてくる。監督は、舞台演出家・振付師として活躍する一方、「イントゥ・ザ・ウッズ」「シカゴ」などでメガホンを取ったロブ・マーシャル。子供たちを厳しくも優しく包み込むメリー・ポピンズを「クワイエット・プレイス」のエミリー・ブラントが演じる。また、1964年の「メリー・ポピンズ」でバート役を演じたディック・ヴァン・ダイクがカメオ出演。「ヘアスプレー」(2007)のマーク・シェイマンとスコット・ウィットマンが新曲を含む音楽を担当する。

あらすじ

大恐慌のただ中にあるロンドン。バンクス家の長男マイケル(ベン・ウィショー)は今では父や祖父が勤めたフィデリティ銀行で臨時の仕事に就き、家庭を持っている。しかしロンドンは大暴落のあおりを受け、余裕を失っていた。妻を亡くし悲しみに暮れるマイケル一家に、追い打ちをかけるように融資の返済期限が切れ、家を失いかねない状況に。そんな折、かつてバンクス家に来た魔法使いのメリー・ポピンズ(エミリー・ブラント)が、20年前と変わらぬ姿で空から舞い降りてくる。バスタブの底を抜けて海底探検に向かったり、絵画の世界に飛び込み華麗なミュージカル・ショーを繰り広げたりと、一風変わった方法でバンクス家の子供たちのしつけをするメリー・ポピンズ。彼女の魔法は日常をカラフルに変えていく。

関連するキネマ旬報の記事

2019年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「メリー・ポピンズ リターンズ」

2019年2月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「メリー・ポピンズ リターンズ」

2018年12月上旬号

映画評論家に聞く 本当におススメの2019年正月映画:「蜘蛛の巣を払う女」「バハールの涙」「メリー・ポピンズ リターンズ」