男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

LION ライオン 25年目のただいま

  • らいおんにじゅうごねんめのただいま
  • LION
  • LION
  • 平均評点

    78.5点(581人)

  • 観たひと

    766

  • 観たいひと

    163

  • レビューの数

    82

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 オーストラリア
製作年 2016
公開年月日 2017/4/7
上映時間 119分
製作会社
配給 ギャガ(提供:ギャガ、テレビ東京)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

予告編


     

解説

「英国王のスピーチ」の製作陣による実話を基にしたドラマ。オーストラリアの青年サルーは、生まれたインドで5歳のときに迷子になり、家族と生き別れたまま養子に出された過去があった。彼はわずかな記憶とGoogle Earthで家を探し出そうとする。製作は、「英国王のスピーチ」のイアン・カニング。監督は、長編初監督のガース・デイヴィス。出演は、「スラムドッグ$ミリオネア」のデヴ・パテル、「キャロル」のルーニー・マーラ、「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」のニコール・キッドマン、「オーストラリア」のデヴィッド・ウェンハム。トロント国際映画祭2016観客賞次点1位。第74回ゴールデン・グローブ賞4部門ノミネート。

あらすじ

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー(デヴ・パテル)には、隠された驚愕の過去があった。彼はインドで生まれ、5歳のとき迷子になり、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子に出されたのだ。成人し幸せな生活を送れば送るほど、インドの母と兄への想いは募る。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そしてあの日言えなかった“ただいま”を伝えるため、サルーは家を探し出すことを決意する。おぼろげな記憶とGoogle Earthを手がかりに、1歩ずつ近づくことに記憶のカケラが少しずつ蘇り、次第にこれまで見えなかった真実が浮かび上がってくる……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「LION/ライオン ~25年目のただいま~」

REVIEW 日本映画&外国映画:「LION/ライオン ~25年目のただいま~」