男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ハドソン川の奇跡

  • はどそんがわのきせき
  • SULLY
  • SULLY
  • 平均評点

    80.6点(1611人)

  • 観たひと

    2172

  • 観たいひと

    341

  • レビューの数

    217

基本情報

ジャンル 伝記 / ヒューマン / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2016
公開年月日 2016/9/24
上映時間 96分
製作会社 (制作 フラッシュライト・フィルムズ=ケネディ/マーシャルカンパニー=マルパソ)
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演トム・ハンクス Chesley 'Sully' Sullenberger
アーロン・エッカート Jeff Skiles
ローラ・リニー Lorraine Sullenberger
アンナ・ガン Elizabeth Davis
オータム・リーサー Passenger with Baby
ホルト・マッカラニー Mike Cleary
マイク・オマリー Charles Porter
ジェイミー・シェリダン Ben Edwards
ジェリー・フェラーラ Michael Delaney
ヴァレリー・マハフェイ Diane Higgins
ケイティ・クリック Katie Couric
ジェフ・コバー LT Cook

(C)2016 Warner Bros. All Rights Reserved

予告編


     

解説

クリント・イーストウッドがトム・ハンクスを主演に迎え、乗客乗員全員無事生還した奇跡の航空機事故の実話を映画化。「ハドソン川の奇跡」と呼ばれた航空機事故の機長サレンバーガーは、世間からの称賛とは裏腹に、国家運輸安全委員会の厳しい追及を受ける。原作はサレンバーガー機長の手記『機長、究極の決断 「ハドソン川」の奇跡』。2016年第90回キネマ旬報ベスト・テン外国映画第一位、外国映画監督賞受賞。

あらすじ

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が暮らすマンハッタン上空850メートルで突如、航空機事故が発生。全エンジンが完全停止し、制御不能となった旅客機が高速で墜落を始める。サレンバーガー機長(トム・ハンクス)の必至の操縦により、70トンの機体は目の前を流れるハドソン川に着水。“乗員乗客155名全員無事”という奇跡の生還を果たした。着水後も、浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は、国民的英雄として称賛を浴びる。だが、その裏側では、彼の判断を巡って、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われていた……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年2月下旬号 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2016年 第90回 キネマ旬報ベスト・テン:外国映画ベスト・テン

2016年 第90回 キネマ旬報ベスト・テン:読者選出外国映画ベスト・テン

2016年12月上旬号

読者の映画評:「母よ、」毛利孝子/「ハドソン川の奇跡」井口祐介/「淵に立つ」鈴木功一

2016年11月下旬号

映画とコトバの間にはふかくて暗い河がある?:第74回「ハドソン川の奇跡」

2016年11月上旬号

読者の映画評:「怒り」原田隆司/「ハドソン川の奇跡」加藤哲夫/「ハートビート」坂田未希子

2016年10月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ハドソン川の奇跡」

2016年10月上旬号

「ハドソン川の奇跡」:インタビュー クリント・イーストウッド[監督]、トム・ハンクス、アーロン・エッカート 誰もが知っている〈ハドソン川の奇跡〉その裏側で起こった出来事

UPCOMING 新作紹介:「ハドソン川の奇跡」

2016年7月下旬号

キネマ旬報が選ぶ みんなが観たい、いい映画55:「シン・ゴジラ」 「怒り」 「ハドソン川の奇跡」 「オーバー・フェンス」 「永い言い訳」 「ダゲレオタイプの女」 「淵に立つ」 「湯を沸かすほどの熱い愛」 「SCOOP!」 「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」 「スーサイド・スクワッド」 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」 「Silence」 「ぼくのおじさん」 「イレブン・ミニッツ」 「ゴーストバスターズ」 「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 「ジェイソン・ボーン」 「溺れるナイフ」 「シング・ストリート 未来へのうた」