男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ラスト・タンゴ

  • らすとたんご
  • UN TANGO MÁS
  • OUR LAST TANGO

amazon


  • KINENOTE Selection映画館で観る
  • VODで観る

  • 平均評点

    71.5点(71人)

  • 観たひと

    94

  • 観たいひと

    26

  • レビューの数

    13

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / その他
製作国 ドイツ アルゼンチン
製作年 2015
公開年月日 2016/7/9
上映時間 85分
製作会社
配給 アルバトロス・フィルム(提供 ニューセレクト)
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)  WDR  /  Lailaps  Pictures  /  Schubert  International  Film  /  German  Kral  Filmproduktion

予告編


     

解説

ヴィム・ベンダース監督が製作総指揮を務め、アルゼンチン・タンゴの革新者で50年近く組んできたペアに焦点を当てたドキュメンタリー。1997年にコンビ解消した二人の情熱と、栄光の裏にあった愛憎の歴史を、証言やダンスで浮かび上がらせる。監督は「不在の心象」で山形国際ドキュメンタリー映画祭1999大賞を受賞したヘルマン・クラル。劇場公開に先駆け、山形国際ドキュメンタリー映画祭2015インターナショナル・コンペティションにて上映された。

あらすじ

アルゼンチン・タンゴに革命をもたらし、タンゴの魅力を世界に広めた伝説のペア、マリア・ニエベスとフアン・カルロス・コペス。マリア14歳、フアンが17歳の時に出会った二人は、世界に名声を轟かせる一方で、愛と憎しみを重ねてきた。それでも50年近く一緒に踊り続けながら、1997年、ついに二人はペアを解消。80歳を過ぎた二人の証言、そして再現したタンゴ・ダンスから、二人の愛と葛藤の歴史や情感に満ちたタンゴの魅力を浮かび上がらせる。

関連するキネマ旬報の記事

キネマ旬報増刊 大人のシネマ・ライフ 2016Summer→Autumn

映画の中で時間を旅する As Time Goes By:「ラスト・タンゴ」―残り時間の少ない女から“ゆるせない”と“あいしてる”がひとつに聴こえる

2016年8月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ラスト・タンゴ」

2016年7月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ラスト・タンゴ」