男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヴィム・ヴェンダース

  • Wim Wenders
  • 監督/脚本/製作/原作
本名
出身地 ドイツ、デュッセルドルフ
生年月日 1945年8月14日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【ロードムービー三部作でニュー・ジャーマン・シネマの旗手に】ドイツ、デュッセルドルフ出身。8ミリ映画や欧米のロックンロールに傾倒して少年時代を過ごす。大学入学資格試験に合格後は、外科医である父にならって医学を学ぶが、社会学に転向し、大学を転々とする。21歳の時にパリへ1年間遊学し、銅版画を学びながらシネマテークで映画漬けの日々を送る。1967年に帰国。ミュンヘン映画テレビ大学に入学し、映画製作のかたわら映画誌に批評を書き始める。この頃に、すでに映画を撮り始めていたライナー・W・ファスビンダーやハンナ・シグラと知り合う。70年、卒業制作「都市の夏/キンクスに捧ぐ」を完成させ、72年「ゴールキーパーの不安」で商業映画デビュー。「都会のアリス」(74)、「まわり道」(75)、「さすらい」(76)のロードムービー三部作で、ヴェルナー・ヘルツォーク、ファスビンダーに続くニュー・ジャーマン・シネマの旗手として脚光を浴びる。ミステリー作家パトリシア・ハイスミス原作の「アメリカの友人」(77) を観たフランシス・フォード・コッポラからハリウッドに招かれ、78年に渡米。ハードボイルド映画「ハメット」の監督に抜擢されるが、製作は長期にわたり、困難を極める。その間に「ニックス・ムービー/水上の稲妻」(80)と「ことの次第」(81)を作り上げ、映画製作の苦悩を反映させた後者はヴェネチア国際映画祭でグランプリを受賞。続く「パリ、テキサス」(84) と「ベルリン・天使の詩」(87)の2作が世界中で大ヒットとなり、80年代を代表する映画監督となる。【不調の90年代から復活の2000年代】しかし90年代に入ると、5カ国合作の近未来SFロードームービー大作「夢の涯てまでも」(91)と、「ベルリン」の続編「時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!」(93)が酷評を浴び、再びアメリカを舞台に作った「エンド・オブ・バイオレンス」(97)も不評。しかしこの作品で「パリ、テキサス」の音楽を担当したライ・クーダーと再会し、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」(99)を完成。これが起死回生の大ヒットとなり、不調の90年代から復活。2000年代に入ってからはアメリカを舞台にした作品を発表している。癌に冒されたニコラス・レイの最期を撮った「ニックス・ムービー」や、小津安二郎への敬意を込めた「東京画」(85)、ミケランジェロ・アントニオーニとの共作「愛のめぐりあい」(95)など、自身が影響を受けた映画人と積極的に関わる作品も多く、映画マニア出身監督の特徴としてオマージュを捧げた作品も多岐にわたる。

キネマ旬報の記事

2012年3月上旬号

映画作家たちは記録する ヴェルナー・ヘルツォーク「世界最古の洞窟壁画3D 忘れられた夢の記憶」ヴィム・ヴェンダース「Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」:ニュー・ジャーマン・シネマの現在

映画作家たちは記録する ヴェルナー・ヘルツォーク「世界最古の洞窟壁画3D 忘れられた夢の記憶」ヴィム・ヴェンダース「Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」:ヘルツォークは超人=ツァラトゥストラを目指す

映画作家たちは記録する ヴェルナー・ヘルツォーク「世界最古の洞窟壁画3D 忘れられた夢の記憶」ヴィム・ヴェンダース「Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」:ヴェンダース、そして昆虫と3D

2011年9月下旬特別号

インタビュー:ヴィム・ヴェンダース監督(「パレルモ・シューティング」)

2008年1月上旬新春号

DVDコレクション:第335回 「ヴィム・ヴェンダースDVD-BOX」

2001年4月下旬号

作品特集 ミリオンダラー・ホテル:ヴィム・ヴェンダース監督 インタビュー

2000年2月上旬号

企画特集 King of Indies 3人の巨匠たち:「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」ヴィム・ヴェンダース監督 インタビュー

1998年4月上旬春の特別号

作品特集 エンド・オブ・バイオレンス:ヴィム・ヴェンダース監督 インタビュー

作品特集 エンド・オブ・バイオレンス:ヴェンダースと大阪ヨーロッパ映画祭

1997年8月上旬号

スペシャル・レポート&インタビュー:カンヌ国際映画祭 ヴィム・ヴェンダース インタビュー

1996年9月上旬号

特集 愛のめぐりあい:撮影日誌 

1996年8月下旬上半期決算号

アントニオーニと過ごした日々:「愛のめぐりあい」撮影日誌 2

1996年8月上旬号

アントニオーニと過ごした日々:「愛のめぐりあい」撮影日誌 1

1995年9月上旬号

グラビア 《Hot Shots[最新ニュース]》 :ヴィム・ヴェンダース来日

1994年臨時増刊 小津と語る

採録・映画 小津と語る監督全発言:ヴィム・ヴェンダース

1994年5月下旬号

特集 時の翼にのって:監督インタビュー

1993年11月下旬号

インタビュー:ヴィム・ヴェンダース

1993年9月下旬号

巻頭特別企画 小津安二郎生誕90年:小津と語る

1992年3月下旬号

特別企画 世界が注目する二人の映画作家ヴィム・ヴェンダースとレオス・カラックス:ヴェンダースとカラックス

特別企画 世界が注目する二人の映画作家ヴィム・ヴェンダースとレオス・カラックス:ヴェンダースのまなざし

特別企画 世界が注目する二人の映画作家ヴィム・ヴェンダースとレオス・カラックス:対談 榎戸耕史×佐々木敦

特別企画 世界が注目する二人の映画作家ヴィム・ヴェンダースとレオス・カラックス:ジャン=イヴ・エスコフィエ インタビュー

特別企画 世界が注目する二人の映画作家ヴィム・ヴェンダースとレオス・カラックス:フィルモグラフィ

1991年9月上旬号

ビデオ:Vレポート〈ヴィム・ヴェンダース〉

1990年12月下旬号

THE FACE '90:ヴィム・ヴェンダース

1988年5月上旬号

インタビュー特集:W・ヴェンダース

1985年9月下旬号

特別インタビュー :「パリ、テキサス」ヴィム・ベンダース監督

1985年9月上旬号

特集 パリ、テキサス ヴィム・ヴェンダーズ監督作品:作品評

特集 パリ、テキサス ヴィム・ヴェンダース監督作品:プロファイル&フィルモグラフィ