男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ダゲレオタイプの女

  • だげれおたいぷのおんな
  • LA FEMME DE LA PLAQUE ARGENTIQUE
  • THE WOMAN IN THE SILVER PLATE
  • 平均評点

    68.7点(215人)

  • 観たひと

    308

  • 観たいひと

    62

  • レビューの数

    42

基本情報

ジャンル ラブロマンス / ホラー
製作国 フランス ベルギー 日本
製作年 2016
公開年月日 2016/10/15
上映時間 131分
製作会社 FILM-IN-EVOLUTION LES PRODUCTIONS BALTHAZAR FRAKAS PRODUCTIONS LFDLPA Japan Film Partners(ビターズ・エンド、バップ、WOWOW) ARTE France Cinema
配給 ビターズ・エンド
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)FILM-IN-EVOLUTION - LES PRODUCTIONS BALTHAZAR - FRAKAS PRODUCTIONS - LFDLPA Japan Film Partners - ARTE France Cinema

解説

黒沢清監督が最古の実用的写真撮影法ダゲレオタイプを題材に全編フランスで撮影したホラーロマンス。写真家ステファンに雇われたジャンは、モデルを務めるステファンの娘マリーに恋する。被写体を長時間拘束するダゲレオタイプはやがて愛と悲劇を引き寄せる。主人公のジャンを「消えた声が、その名を呼ぶ」のタハール・ラヒムが演じるほか、「女っ気なし」のコンスタンス・ルソー、「サンドラの週末」のオリヴィエ・グルメ、「毛皮のヴィーナス」のマチュー・アマルリックら、キャストも全員外国人で構成。

あらすじ

職を探していたジャン(タハール・ラヒム)は、偶然、写真家ステファン(オリヴィエ・グルメ)のアシスタントとなる。ジャンは銀メッキを施した金属板に像を写すダゲレオタイプの不思議さに魅了されていき、また、モデルを務めるステファンの娘マリー(コンスタンス・ルソー)に思いを寄せていった。ダゲレオタイプは長い時間露光させる必要があり、その間被写体を動かしてはならないため、マリーをダゲレオタイプで撮影する際には彼女を器具に固定させていた。芸術性を追い求める一方でマリーと同じくダゲレオタイプのモデルを務め自殺した妻ドゥニーズの幻影におびえるステファン。拘束を余儀なくされる撮影から解放され自分の人生を掴みたいマリー。ジャンはマリーがドゥニーズと同じ道を歩ませまいと、彼女を連れ出そうとするが……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年11月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:ダゲレオタイプの女

2016年10月下旬号

亡霊はリュミエールの国に還る黒沢清監督初のフランス映画「ダゲレオタイプの女」:インタビュー 黒沢清「監督」 愛の怪談と鈍色の陰影

UPCOMING 新作紹介:「ダゲレオタイプの女」

キネマ旬報増刊 大人のシネマ・ライフ 2016Summer→Autumn

映画が知っているたいせつなこと:洞口依子〈女優〉×中原昌也〈音楽家、映画評論家etc〉「監督・黒沢清には確固たる世界観がある。それはどこの国で撮っても変わらない「ダゲレオタイプの女」」

2016年7月下旬号

キネマ旬報が選ぶ みんなが観たい、いい映画55:「シン・ゴジラ」 「怒り」 「ハドソン川の奇跡」 「オーバー・フェンス」 「永い言い訳」 「ダゲレオタイプの女」 「淵に立つ」 「湯を沸かすほどの熱い愛」 「SCOOP!」 「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」 「スーサイド・スクワッド」 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」 「Silence」 「ぼくのおじさん」 「イレブン・ミニッツ」 「ゴーストバスターズ」 「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 「ジェイソン・ボーン」 「溺れるナイフ」 「シング・ストリート 未来へのうた」