男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ちょき

  • ちょき
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    72.5点(27人)

  • 観たひと

    33

  • 観たいひと

    21

  • レビューの数

    13

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2016
公開年月日 2016/12/3
上映時間 98分
製作会社 「ちょき」フィルムパートナーズ(制作プロダクション:SDP/制作協力:SS工房)
配給 SDP
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督金井純一 
脚本金井純一 
原案7daysfilms 
エグゼクティブプロデューサー前田和紀 
プロデューサー加藤伸崇 
撮影古屋幸一 
美術大藤邦康 
音楽おおはた雄一 
主題歌おおはた雄一:(『風の声を聴いた日に』)
劇中歌waybee 
録音岩間翼 
音響効果武田拓也 
照明加藤大輝 
編集金井純一 
スタイリスト工藤唯 
ヘアメイク佐々木愛 
助監督近藤有希 
メイン写真川島小鳥 

キャスト

(C) 2016「ちょき」フィルムパートナーズ

場面

予告編


     

解説

「ゆるせない、逢いたい」の金井純一監督によるオリジナル作品。和歌山市の商店街で美容室を営む直人のもとに、亡くなった妻が開いていた書道教室の生徒であったサキが現れる。10年前に起きた事件以来、サキと会っていなかった直人は、彼女が全盲だと知り……。出演は「わたしたちがうたうとき」の増田璃子、「アイアムアヒーロー」の吉沢悠、「ゆずの葉ゆれて」の芳本美代子、「岸辺の旅」の小松政夫、「向日葵の丘 1983年・夏」の藤井武美。音楽を「女の子ものがたり」のおおはた雄一が担当。2016年11月19日より和歌山先行公開。

あらすじ

自然豊かな和歌山市の商店街。レコードとコーヒーが好きな波多野直人(吉沢悠)は、美容室“HATANO”を経営、彼の妻・京子(広澤草)は美容室の2階で書道教室を開いていた。7歳になる瀬戸サキは、その書道教室に通う問題児だったが、子供のいない京子はサキを自分の娘のように可愛がっていた……。時は経ち十年後。直人のもとに一本の電話がかかってくる。それは十年前のある事件以来会っていなかったサキ(増田璃子)からであった。彼女は視力を完全に失っていた。そして直人も最愛の妻・京子を5年前に亡くしていた。空白の十年間に何があったのか。サキの想いを知った直人はある大きな決意をする……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年12月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ちょき」

2016年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ちょき」