男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

  • じゃっくりーちゃーねばーごーばっく
  • JACK REACHER: NEVER GO BACK
  • JACK REACHER: NEVER GO BACK
  • 平均評点

    71.5点(989人)

  • 観たひと

    1352

  • 観たいひと

    91

  • レビューの数

    113

基本情報

ジャンル アクション / サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2016
公開年月日 2016/11/11
上映時間 118分
製作会社
配給 東和ピクチャーズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

解説

リー・チャイルドの小説を映画化した「アウトロー」の続編で、「ラスト・サムライ」のエドワード・ズウィック監督、トム・クルーズ主演のサスペンス・アクション。元米軍秘密捜査官ジャック・リーチャーは、何者かの陰謀で捕まったターナー少佐の救出に動く。出演は、「アベンジャーズ」のコビー・スマルダース、ドラマ『HEROES』のダニカ・ヤロシュ、ドラマ『プリズン・ブレイク』のロバート・ネッパー。

あらすじ

ケンカが発生したと通報が入り、保安官が現場まで駆けつける。そこには何人もの男たちが倒れていたが、これは男がたった1人でやったことらしい。ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)は手錠をかけられ、連行されそうになると突然、「90秒以内に2つのことが起きる」と予言をし始める。「まず電話が鳴る」「次にこの手錠はあんたの手に」というリーチャーの言葉を鼻で笑う保安官だったが、結局リーチャーの予言通りとなる。リーチャーは古巣である軍に立ち寄るため、現在の指揮官であるターナー少佐(コビー・スマルダース)を訪ねるが、スパイ容疑で逮捕されたと聞かされる。ターナー少佐は嵌められたのだと感じたリーチャーは、彼女を助けるため動き始めるが、彼を追う謎の影が現れる。しかし、リーチャーは軍で培った能力で次々と敵を倒していき、ターナー少佐を牢獄から脱出させる。何かの陰謀があると感じた二人は、真相を探り始める。

関連するキネマ旬報の記事

2016年12月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」

2016年11月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」