男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

エドワード・ズウィック

  • Edward Zwick
  • 製作/監督/脚本
本名
出身地 イリノイ州シカゴ
生年月日 1952/10/08
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【ハリウッドを代表する社会派エンタテインメントの担い手】アメリカ、イリノイ州シカゴの生まれ。「マイ・ビッグファット・ウェディング」(02)を監督したジョエル・ズウィックは実兄。ハーバード大学で文学を学ぶ一方、戯曲の執筆や演出を手がけるようになる。卒業後はロックフェラー奨学金を得てヨーロッパの一流劇団で学んだ。1975年にAFIの研究員として迎えられると、76年に製作した短編「Timothy and the Angel」がシカゴ映画祭学生部門でグランプリを受賞。これをきっかけにテレビドラマの脚本・演出に携わり、『Special Bulletin』(83)、『Thirty Something』(87)で2度、エミー賞を受賞した。86年に「きのうの夜は…」で映画監督デビューを果たし、89年の第2作「グローリー」でゴールデングローブ賞の監督賞にノミネートされ注目を集める。南北戦争で誕生し米国初の黒人部隊の運命を描いたこの作品はアカデミー賞6部門にノミネートされ、デンゼル・ワシントンの助演男優賞以下3部門を受賞。その後、大河ロマン「レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い」(95)、黒澤明の「羅生門」にヒントを得た戦場ドラマ「戦火の勇気」(96)などを手がける。一時監督業を休止し、「恋に落ちたシェイクスピア」(98)や「トラフィック」(00)などでプロデューサーとして活躍するが、2003年に5年ぶりの監督作となる「ラストサムライ」を発表。ハリウッドが正面から日本の武家社会に向き合った作品として大いに注目を集め、日本でも興行収入173億円を挙げる04年のナンバーワンヒットとなった。その後も、アフリカのダイヤモンド採掘をめぐる問題を描いた「ブラッド・ダイヤモンド」(06)、ナチスに抵抗するユダヤ人の苦闘を描いた「ディファイアンス」(08)などを発表している。【史実の再現と劇映画の面白さを両立】ハリウッドらしいエンタテインメント性を保ちつつ、歴史の陰に埋もれた史実にスポットを当てる作品で真価を発揮。中でも戦争における人間のあり方のドラマを好んで描いて、見応えのある作品が多い。しっかりした時代考証にもとづき史実を再現したうえで、劇映画としての面白さも両立させるバランスのよさはズウィックならでは。また、名だたるスターたちがこぞって出演していることも特徴で、ブラッド・ピット、アンソニー・ホプキンス、メグ・ライアン、ブルース・ウィリス、ダニエル・クレイグなど出演者の名前を挙げるだけでも、ズウィックに対するハリウッドの信頼度が伺える。ゴールデングローブ賞に2度ノミネートされたほかは監督としては賞と無縁だが、ハリウッドを代表する社会派エンタテインメントの担い手として活躍が期待されている。

キネマ旬報の記事

2009年3月上旬号

特集「ディファイアンス」:エドワード・ズウィック監督ロング・インタビュー

2007年4月下旬特別号

特別企画 映画制作者の最後の聖域《アフリカ》を問う:「ブラッド・ダイヤモンド」エドワード・ズウィック[監督] インタビュー

2003年12月下旬号

巻頭特集 「ラスト サムライ」:エドワード・ズウィック監督 インタビュー