男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

グランドフィナーレ

  • ぐらんどふぃなーれ
  • ----
  • YOUTH
  • 平均評点

    72.5点(234人)

  • 観たひと

    329

  • 観たいひと

    62

  • レビューの数

    44

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イタリア フランス スイス イギリス
製作年 2015
公開年月日 2016/4/16
上映時間 124分
製作会社
配給 ギャガ
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHÉ PRODUCTION, FRANCE 2 CINÉMA, NUMBER 9 FILMS, C -FILMS, FILM4

予告編


     

解説

アルプスの高級ホテルを舞台に、80歳を迎え現役を引退した作曲家が様々な問題を抱えた宿泊客との交流を通し、再び大舞台に立つまでの葛藤を映し出す人間ドラマ。監督は「グレート・ビューティー/追憶のローマ」のパオロ・ソレンティーノ。出演は「キングスマン」のマイケル・ケイン、「グランド・ブダペスト・ホテル」のハーヴェイ・カイテル、「ボーン・レガシー」のレイチェル・ワイズ、「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」のポール・ダノ、「帰郷」のジェーン・フォンダ。

あらすじ

アルプスの高級リゾートホテルでバカンスを送る作曲家フレッド・バリイジャー(マイケル・ケイン)のもとに、女王陛下からの勲章の授与と出演依頼が舞い込んでくる。フレッドの名を世界中に知らしめた不朽の名曲「シンプル・ソング」を、フィリップ殿下の誕生日に指揮するという名誉あるオファーであったが、彼は興味すら示さない。BBC交響楽団の演奏で偉大なソプラノ歌手スミ・ジョーが歌うと言われてもフレッドはもう引退したからと頑なに拒むのだった……。母国イギリスのロンドン、そしてニューヨーク、最後はヴェネチアの楽団で24年、作曲と指揮に持てる才能の全てを注ぎ込んだフレッドは、80歳となった今ではすっかり燃え尽きていた。ホテルの宿泊客は、今も世界中のヒーローである元サッカー選手やかつて大ヒットしたロボット映画の役名で呼ばれることにウンザリしているハリウッドスターのジミー・トリー(ポール・ダノ)などセレブぞろい。そんな彼らは皆世間とは違う風変わりな事情を抱えていた。フレッドの60年来の親友である映画監督のミック・ボイル(ハーヴェイ・カイテル)も同じホテルに宿泊していたが、現役を続けるミックは若いスタッフたちと新作の脚本執筆に励んでいる。そんな中、父を心配する娘のレナ(レイチェル・ワイズ)が予約したマッサージやサウナ、健康診断を淡々とこなすフレッド。何ごとにも無気力になってしまったフレッドの唯一の楽しみは、ミックとの昔話と悪ふざけ、そして歳を重ねたがために頭と体のあちこちに出て来た不具合自慢だった。ある時、部屋へ戻ると、夫のジュリアンと旅行に出かけたはずのレナが泣きじゃくっている。ジュリアンの父であるミックに、君の息子が私の娘を捨てたと告げるフレッド。驚いたミックはすぐに息子を呼び出すが、彼は新しい恋人を連れて来る。フレッドはレナを慰めようとするが、音楽が全てでママのことなど一切顧みなかったパパに夫婦の愛情の何が分かるのかと激しく責められる。フレッドのもとに女王の特使が再び現れ、頑として断るが必至で食い下がる特使に遂にフレッドは本当の理由を語り出す。「シンプル・ソング」にまつわる母への想いを初めて聞いたレナは思わず涙する。そんな折、長年タッグを組んできたブレンダ・モレル(ジェーン・フォンダ)に主演を断られたミックの映画が製作中止に追い込まれる。ミックが選んだ結末に衝撃を受けたフレッドは「君の音楽は驚きや新しい感動をもたらした」という友の言葉を胸に最後のステージに立つことを決意。だが彼はその前に会わねばならない人がいた。そしてフレッドは10年ぶりにヴェネチアに暮らす妻を訪ねる……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年5月上旬号

「グランドフィナーレ」映画人は、映画を生きる:インタビュー佐野史郎 演じること、実人生とフィクション

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「グランドフィナーレ」

2016年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「グランドフィナーレ」