男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ファインディング・ドリー

  • ふぁいんでぃんぐどりー
  • FINDING DORY
  • FINDING DORY
  • 平均評点

    75.4点(986人)

  • 観たひと

    1436

  • 観たいひと

    120

  • レビューの数

    112

基本情報

ジャンル アニメーション / ファミリー / ファンタジー
製作国 アメリカ
製作年 2016
公開年月日 2016/7/16
上映時間 103分
製作会社
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演(声)エレン・デジェネレス DORY
アルバート・ブルックス MARLIN
ヘイデン・ローレンス NEMO
エド・オニール HANK
ケイトリン・オルソン DESTINY
タイ・バーレル BAILEY
イドリス・エルバ FLUKE
ドミニク・ウェスト RUDDER
ボブ・ピーターソン MR. RAY
トービン・ブロック BECKY
アンドリュー・スタントン CRUSH
ベネット・ダマン SQUIRT
ダイアン・キートン JENNY
ユージン・レビイ CHARLIE
室井滋 ドリー(日本語吹き替え)
木梨憲武 マーリン(日本語吹き替え)
上川隆也 ハンク(日本語吹き替え)
中村アン デスティニー(日本語吹き替え)
田中雅美 マカジキ(日本語吹き替え)
菊地慶 ニモ(日本語吹き替え)

(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

場面

予告編


     

解説

ディズニー/ピクサーによるアニメーション「ファインディング・ニモ」の13年ぶりとなる続編。前作から1年後。家族のいないナンヨウハギのドリーが、幼少期の秘密を解く鍵を求めて、カクレクマノミの親子マーリン&ニモと共に再び大海原へ旅立つ。監督は、前作に続きアンドリュー・スタントン。共同監督に「ニセものバズがやって来た」のアンガス・マックレーン。前作でドリーの声を務めたエレン・デジェネレスが続投。日本語吹替版でも前作に続き、ドリーの声を室井滋、マーリンの声を木梨憲武が担当する。

あらすじ

カクレクマノミのマーリンがナンヨウハギのドリーと共に、愛する息子ニモを人間の世界から救出した奇跡の冒険から1年。ニモのいちばんの親友ドリーは、何でもすぐに忘れてしまう忘れんぼうだったが、ただひとつ忘れなかったのは“家族の思い出”であった。だがどうしてその思い出だけを忘れなかったのか……。そして、ドリーの家族はいったいどこに……。そんな中、ドリーとニモ、ニモの父マーリンは、ドリーの幼少時の謎を解き明かそうと再び大海原に旅立つ。だがその秘密を解く鍵は、海の生き物にとっての禁断の場所=《人間の世界》に隠されていた……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年夏の増刊号

LINEUP 2016 since the summer new animation movie release guide:「映画『聲の形』」「ファインディング・ドリー」「ルドルフとイッパイアッテナ」「ペット」「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」/今後の新作アニメーション映画紹介

2016年8月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ファインディング・ドリー」

2016年7月下旬号

「ファインディング・ドリー」:作品評 不可能を可能にする仲間たち

UPCOMING 新作紹介:「ファインディング・ドリー」