男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

室井滋

  • Muroi Shigeru
  • 出演
本名
出身地 富山県滑川市
生年月日 1960/10/22
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

富山県滑川市の生まれ。県立魚津高校から早稲田大学社会科学部に進学し、大学在学中より自主映画製作に参加。山川直人監督「ビハインド」78、「パン屋襲撃」82、石井聰亙監督「シャッフル」81、長崎俊一監督「闇打つ心臓」82など、当時の自主映画界をリードしていた精鋭監督たちの作品に次々と出演し、“自主映画の女王”と呼ばれた。1981年、森田芳光監督の劇場デビュー作「の・ようなもの」などを経て、大森一樹監督「風の歌を聴け」で本格的に劇場映画デビュー。主人公の“僕”が寝た3人の女の子のひとりで、のちに自殺する仏文科の学生を、不思議な浮遊感を漂わせて演じた。以後は女優業で多忙となり、大学を7年で中退するも、大森監督の「すかんぴんウォーク」84、「恋する女たち」86、「トットチャンネル」「『さよなら』の女たち」87、「花の降る午後」89、山川監督の「ビリィ・ザ・キッドの新しい夜明け」86、「SO WHAT」88などで盟友の信頼に応え続ける。87年、大森作品で共演した斉藤由貴がホストをつとめるフジテレビのトーク番組『斉藤さんちのお客さま』でアシスタント役のメイドに扮し、軽妙な掛け合いでお茶の間にアピール。翌88年には、同局の深夜ドラマ『やっぱり猫が好き』で、もたいまさこ、小林聡美と“恩田三姉妹”を演じる。このアドリブ満載のスリリングなシチュエーションコメディは深夜枠ながらも好評を博し、長期シリーズ化。91年9月の放送終了後も、たびたびスペシャル版として復活する人気作となる。91年、作詞家・秋元康の初監督作「グッバイ・ママ」では不倫中の夫を待つ妻を、翌92年の「マンハッタン・キス」では姉と同じ男を奪い合う武闘派の妹を演じて、芸域の幅をさらに広げる。さらに94年、渡邊孝好監督「居酒屋ゆうれい」に出演。再婚しないという約束を破り、若い後妻と一緒になった夫(萩原健一)のもとに化けて出る亡き先妻を、生への痛切な未練をにじませながら愛らしく演じ、キネマ旬報賞助演女優賞をはじめ、各映画賞を総なめにする。以後も、栗山富夫監督「釣りバカ日誌8」96のゲスト出演などを経て、98年の三原光尋監督「ヒロイン!・なにわボンバーズ」に主演。大阪色濃厚な面々に囲まれた“アウェー”な状況の中、ママさんバレーでハッスルする浪花のおばちゃんを体当たりで演じ、この経験は、同じく情にもろい大阪女を好演した三池崇史監督「金融破滅ニッポン・桃源郷の人々」02でも活きた。99年の井筒和幸監督「のど自慢」では、プライドをかけて“のど自慢”に出場する売れない演歌歌手・赤城麗子を熱演し、日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。同年、その後日談を描くスピンオフ「ビッグ・ショー!・ハワイに唄えば」にも主演した。2002年、桐野夏生のベストセラーを映画化した平山秀幸監督「OUT」では、4人の女たちによる完全犯罪にヒビを入れる大雑把なトラブルメーカーを、観る側をもやきもきさせつつ茶目っ気豊かに快演。さらに、前述の8ミリ作品のその後を、実験的手法で撮った長崎監督のセルフリメイク版「闇打つ心臓」06では、共演の内藤剛志とともに、過ぎ去った年月の重みをフィルムに焼きつけた。本木克英監督「ゲゲゲの鬼太郎」07では砂かけ婆を原作のイメージ通りに好演し、亀井亨監督「ねこタクシー」10、沢木耕太郎のルポルタージュ集の映画化「人の砂漠」10でも老け役を演じた。また、根岸吉太郎監督「ヴィヨンの妻・桜桃とタンポポ」09、荒戸源次郎監督「人間失格」10と太宰治原作ものに相次ぎ出演し、片や面倒見のいい小料理屋の女将、片や若い男に飢えた薬屋の女主人を妙演。独特の世界観に見事に溶け込んだ。テレビドラマは、日本テレビ『心療内科医・涼子』97、『凍りつく夏』98などに主演したほか、数多くの連ドラに助演。01年、テレビ朝日の新春スペシャルドラマ『菊次郎とさき』では、原作者・ビートたけしの実母・さき役を力演し、のちに連ドラ化もされ、第3シリーズまで続く当たり役となる。その間、実際の事件を題材にした長崎俊一演出のフジテレビ『最期のドライブ』92では、共犯の男性を巧みに操りながら淡々と罪を重ねる犯人を、渡邊孝好演出のNHK『緋色の記憶・美しき愛の秘密』03では夫の不倫で精神に異常をきたす妻を怪演するなど、昔なじみの監督作でも気を吐く。ドラマ出演作はほかに、フジテレビ『アフリカの夜』99、『ビギナー』03、NHK『マッチポイント!』00、『純情きらり』06、『ウェルかめ』09、テレビ朝日『恋は戦い!』03、『黒革の手帖』04、『夜光の階段』『マイガール』09など多数。『むかつくぜ!』『すっぴん魂』などの著作で、エッセイストとしても活躍している。映画監督の長谷川和彦とは長く同居生活にあり、事実婚の状態であることをたびたび報じられている。

キネマ旬報の記事

2002年10月上旬号

巻頭特集 「OUT」:室井滋 インタビュー

1999年1月下旬号

特集企画 輝け!「のど自慢」と日本歌謡映画大全集:室井滋 インタビュー

1995年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア:助演女優賞 室井滋