男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

イニシエーション・ラブ

  • いにしえーしょんらぶ
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    70.2点(891人)

  • 観たひと

    1339

  • 観たいひと

    97

  • レビューの数

    110

基本情報

ジャンル ラブロマンス / サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 2015
公開年月日 2015/5/23
上映時間 110分
製作会社 日本テレビ放送網=東宝=文藝春秋=読売テレビ放送=バップ=オフィスクレッシェンド=KDDI=STV=MMT=SDT=CTV=HTV=FBS)(企画・製作 日本テレビ放送網/企画協力 文藝春秋/制作プロダクション オフィスクレッシェンド)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督堤幸彦 
脚本井上テテ 
原作乾くるみ:(「イニシエーション・ラブ」(文春文庫刊))
製作奥田誠治 
飯沼伸之 
畠山直人 
小林美穂 
撮影唐沢悟 
美術相馬直樹 
音楽Gabriele Roberto 
音楽プロデューサー茂木英興 
録音鴇田満男 
照明木村匡博 
編集伊藤伸行 
劇中歌小椋佳:(「揺れるまなざし」)
森川由加里:(「SHOW ME」)
1896 OMEGATRIBE:(「君は1000%」)
オフコース:(「Yes-No」)
C-C-B:(「Lucky Chanceをもう一度」)
松崎しげる:(「愛のメモリー」)
太田裕美:(「木綿のハンカチーフ」)
浜田省吾:(「DANCE」)
研ナオコ:(「夏をあきらめて」)

キャスト

出演松田翔太 鈴木
前田敦子 成岡繭子(マユ)
木村文乃 石丸美弥子
森田甘路 
三浦貴大 海藤
前野朋哉 
森岡龍 
矢野聖人 
藤原季節 
吉谷彩子 優子
松浦雅 ナツコ
八重樫琴美 和美
大西礼芳 ジュンコ
佐藤玲 まどか
山西惇 梵ちゃん
木梨憲武 静岡支店部長
手塚理美 石丸詩穂
片岡鶴太郎 石丸広輝
山西惇 柔島課長
池上幸平 天童

(C)2015 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会

解説

大胆かつ微細に仕掛けられたトリックが話題となり130万部を超えるベストセラーとなった乾くるみの同名小説を、「SPEC」シリーズの堤幸彦監督が映画化。1980年代後半を舞台に、静岡で出会った奥手な大学生と歯科助手の不器用な恋愛を描いたSide-Aと、遠距離恋愛となり関係が次第に壊れていくSide-Bとの2編で、男女の出会いと別れを綴る。ラストで印象をがらりと変える原作とはまた違った展開が用意されている。二人の女性の間で揺れる男性を「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」の松田翔太が、静岡に残った彼の恋人を「もらとりあむタマ子」の前田敦子が、彼が東京で出会った洗練された女性を「ニシノユキヒコの恋と冒険」の木村文乃が演じる。

あらすじ

バブル最盛期を迎えた1980年代後半の静岡。奥手な大学生・鈴木(松田翔太)は、友人に誘われ合コンに参加することになる。気乗りではなかったが、そこで歯科助手のマユ(前田敦子)と出会い、鈴木はなんとか彼女に釣り合う男性になろうとヘアスタイルやファッションを変えていく。ぎこちないながら距離を縮める二人。就職した鈴木は仕事の都合で上京することになり、静岡に残ったマユと遠距離恋愛に。鈴木は週末に東京と静岡を往復していたが、洗練された同僚の美弥子(木村文乃)の出現により鈴木の心は揺らいでいく。

関連するキネマ旬報の記事

2015年6月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「イニシエーション・ラブ」

2015年6月上旬号

FACE:松田翔太「イニシエーション・ラブ」

UPCOMING 新作紹介:「イニシエーション・ラブ」