男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アメリカン・スナイパー

  • あめりかんすないぱー
  • AMERICAN SNIPER
  • AMERICAN SNIPER
  • 平均評点

    80.6点(1402人)

  • 観たひと

    2150

  • 観たいひと

    194

  • レビューの数

    204

基本情報

ジャンル 戦争 / 社会派
製作国 アメリカ
製作年 2014
公開年月日 2015/2/21
上映時間 132分
製作会社 Village Roadshow Pictures=Mad Chance Productions
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

解説

米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの一員としてイラク戦争に従軍した狙撃手クリス・カイルの回顧録を「ジャージー・ボーイズ」のクリント・イーストウッド監督が映画化した戦争アクション。主演のブラッドリー・クーパー(「アメリカン・ハッスル」)は、自ら原作の映画化権を獲得し、プロデューサーも兼任している。

あらすじ

米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊し、イラク戦争に狙撃手として派遣されたクリス(ブラッドリー・クーパー)。その任務は“どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること”。狙撃精度の高さで多くの仲間を救ったクリスは “レジェンド”の異名を轟かせるまでになる。しかし、敵の間にもその腕前が知れ渡り、“悪魔”と恐れられるようになった彼の首には18万ドルの賞金が掛けられ、彼自身が標的となってしまう。一方、家族はクリスの無事を願い続けていた。家族との平穏な生活と、想像を絶する極限状況の戦地。愛する家族を国に残し、終わりのない戦争は幾度となく彼を戦場に向かわせる。過酷なイラク遠征は4度。度重なる戦地への遠征は、クリスの心を序々に蝕んでゆく……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2015年 第89回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:ベスト・テン カラーグラビア 外国映画ベスト・テン

2015年 第89回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:ベスト・テン カラーグラビア 読者選出外国映画ベスト・テン

2016年1月上旬号

コレをみたせい:第9回 イーストウッドの反戦映画 「アメリカン・スナイパー」

2015年4月上旬号

【巻頭特集】ウディ・アレン、“魔法使い”の“おじいちゃん”「マジック・イン・ムーンライト」:おじいちゃん篇 もっとおじいちゃん!84歳のゴダールとイーストウッド クリント・イーストウッド「アメリカン・スナイパー」 インタビュー 宮沢章夫

読む、映画:「アメリカン・スナイパー」

2015年3月下旬映画業界決算特別号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「アメリカン・スナイパー」

2015年3月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「アメリカン・スナイパー」

“伝説野郎”イーストウッドは何を射つのか?「アメリカン・スナイパー」:インタビュー クリント・イーストウッド[監督]

“伝説野郎”イーストウッドは何を射つのか?「アメリカン・スナイパー」:対談 小林信彦×芝山幹郎

“伝説野郎”イーストウッドは何を射つのか?「アメリカン・スナイパー」:バランスの劇

“伝説野郎”イーストウッドは何を射つのか?「アメリカン・スナイパー」:砂嵐でけぶる星条旗