男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

0.5ミリ

  • れいてんごみり
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    78.1点(477人)

  • 観たひと

    683

  • 観たいひと

    146

  • レビューの数

    100

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2013
公開年月日 2014/11/8
上映時間 196分
製作会社 ゼロ・ピクチュア、リアルプロダクツ、ユマニテ
配給 彩プロ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督安藤桃子 
脚本安藤桃子 
原作安藤桃子:(「0.5ミリ」(幻冬舎文庫刊))
エグゼクティブプロデューサー奥田瑛二 
プロデューサー長澤佳也 
撮影灰原隆裕 
美術竹内公一 
音楽TaQ 
主題曲/主題歌寺尾紗穂:(「残照」(MIDI INC./Published by YAMO MUSIC PUBLISHING Co.,Ltd.))
録音渡辺真司 
整音渡辺真司 
照明太田博 
アソシエイト・プロデューサー畠中鈴子 
フードスタイリスト安藤和津 

キャスト

出演安藤サクラ 山岸サワ
織本順吉 平田昭三
木内みどり 平田雪子
土屋希望 平田マコト
井上竜夫 康夫
東出昌大 カラオケ店員
ベンガル 斉藤末男
角替和枝 浜田
浅田美代子 真壁久子
坂田利夫 
柄本明 佐々木健
草笛光子 真壁静江
津川雅彦 真壁義男

(C)2013 ZERO PICTURES / REAL PRODUCTS

解説

生活のため町で見かけた訳ありの老人の家に押しかけ身の回りの世話をするヘルパーと、彼女と触れ合ううちに固く閉ざした心を開き生の輝きを取り戻していく老人たちを描いた人間ドラマ。デビュー作「カケラ」で満たされない女心を描いた安藤桃子監督が、8年におよぶ介護体験に着想を得た自身の小説を映画化。癖の強い老人たちと真正面からぶつかっていくヘルパーを「かぞくのくに」で第86回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞を、「愛と誠」他で同助演女優賞のダブル受賞を果たした実妹の安藤サクラが演じる。ほか、「カンゾー先生」の柄本明、漫才師の坂田利夫、「沈まぬ太陽」の草笛光子、「マルサの女」の津川雅彦らが出演。高知県・高知城西公園内『0.5ミリ』特設劇場にて先行公開された。

あらすじ

介護ヘルパーの山岸サワ(安藤サクラ)は、派遣先の家族からおじいちゃんと一晩過ごしてほしいと依頼される。当日の夜、思いもよらぬ事故が起こり、サワは家も仕事も失ってしまう。貯金もなく窮地に立った彼女は、駐輪場の自転車をパンクさせる茂(坂井利夫)や、書店で女子高生の写真集を万引きする義男(津川雅彦)ら癖の強い老人を見つけては家に上がり込み、強引に彼らのヘルパーとなる。彼らもはじめは面食らうものの、手際良く家事や介護をこなし歯に衣着せぬ彼女に次第に動かされる。不器用なため社会や家族から孤立した彼らは懸命にぶつかってくるサワと触れあううちに、生の輝きを取り戻していく……。

関連するキネマ旬報の記事

2014年12月下旬号

日本映画時評:第310回 映画における時間、あるいは団子と串の関係について

宇田川幸洋の映評ジョッキー 映画とコトバの間にはふかくて暗い河がある?:第53回 「0.5ミリ」

2014年12月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「0.5ミリ」

2014年11月下旬号

スペシャル・グラビア:安藤サクラ「0.5ミリ」「百円の恋」

UPCOMING 新作紹介:「0.5ミリ」

【巻頭特集】安藤サクラの素っ裸がみたい!:安藤桃子(「0.5ミリ」監督)、語る「サクラが撮りたくて」―「0.5ミリ」主演の、そして妹としてのサクラ―