男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

戦場よさらば

  • せんじょうよさらば
  • A Farewell to Arms
  • ----

amazon


  • 平均評点

    60.2点(9人)

  • 観たひと

    17

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1932
公開年月日 未公開
上映時間 0分
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

戦争文学として名高いアーネスト・ヘミングウェイ作の同名の小説を映画化したもので、「夜の看護婦」「世界とその男」のオリヴァー・H・P・ギャレットが「マタ・ハリ」「明暗二人女」のベンジャミン・グレイザーと共同脚色し、「バッド・ガール」「ヤング・アメリカ」のフランク・ボーゼージが監督に当り、「地下の雷鳴」「恋愛百科全書」のチャールズ・ラングが撮影を担当している。主演者は「マデロンの悲劇」ヘレン・ヘイズ、「百万円貰ったら」「悪魔と深海」のゲイリー・クーパーで「モロッコ」「ニュウ・ムーン」「犯罪都市(1931)」のアドルフ・マンジュウを始め、「巴里の丑満時」のジャック・ラルー、メアリー・フィリップス、ブランシュ・フレデリシ、メアリー・フォーブス、ギルバート・エメリー等が助演している。

あらすじ

欧州大戦未だ酣わの頃チロルの山中にオーストリア軍と対峙しているイタリア軍の衛生部隊にフレデリック・ヘンリー中尉という若いアメリカ人が居た。彼は評判の乱暴者で、酒飲みの上に女好きだった。イタリア人の軍医リナルディ少佐もヘンリー中尉に劣らない酒豪で女好きだったので、二人は意気相投じて親しい仲だった。ある日中尉は戦線を巡視して帰営するとリナルディは英国の看護婦が大勢来ると言ってはしゃいでいた。というよりは看護婦の一人に彼の意中の人があったからである。少佐が是非紹介したいというのを中尉は断って歓楽の巷に赴いた。その夜墺軍の空襲があって、中尉は美しい看護婦と知合った。翌晩の将校の宴会で中尉は少佐からキャザリン・バークレイ嬢に紹介された。彼女こそ前夜の看護婦だった。中尉と彼女は庭園で語り合った。恋し合った。翌日は中尉は戦線へ赴いた。キャザリンは少佐の嫉妬のためミラノの病院へ転勤させられた。戦場で中尉は頭と脚に重傷を負った。少佐は取敢えず手当を加えてから、自分の軍人らしくない嫉妬を恥じて中尉をミラノの病院へ送った。中尉はキャザリンの看護を受けて快癒した。だが快癒した時には2人は別れなければならなかった。中尉を戦線へ見送った彼女は秘やかにスイスのブリッサゴへ赴いた。彼女はそこで身二つになるつもりだった。彼女との恋はヘンリー中尉の性格を一変させた。中尉は酒色を顧みない。少佐はこれを喜ばなかった。キャザリンから中尉への手紙も握りつぶした。中尉がミラノ宛に出した手紙は返送されて来た。中尉は身も世もあらぬ思いで、ミラノへ彼女を探しに赴いた。しかし中尉とキャザリン仲を嫉妬している看護婦たちはキャザリンの居所を知らせない。彼が知り得たのはキャザリンが妊娠しているということだけだった。リナルディ少佐は中尉に遭い、中尉が真剣にキャザリンを愛していることを知るや、手紙で知った彼女の居所を教えた。中尉は闇の夜に雨を冒して一人コモ湖を漕ぎ渡った。ブリッサゴの病院を訪れるとキャザリンと彼の愛の結晶は死して生れ、キャザリンも手術の結果が思わしくなく、愛人の手を執りながら果敢なくもこの世を去ったのである。

関連するキネマ旬報の記事