男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ビートルジュース

  • びーとるじゅーす
  • Beetlejuice
  • Beetlejuice

amazon


  • 平均評点

    68.3点(286人)

  • 観たひと

    591

  • 観たいひと

    35

  • レビューの数

    26

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1988
公開年月日 1988/12/10
上映時間 92分
製作会社 ゲフェン・カンパニー(WB)作品
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

若い幽霊2人が彼らの家へ引っ越して来た一家を追い出そうとするという喜劇。製作はマイケル・ベンダー、ラリー・ウィルソン、リチャード・ハシモト。監督はアニメーター出身のティム・バートン。マイケル・マクドウェルとラリー・ウィルソンの原案を基にマクダウェルとウォーレン・スカーレンが脚本を執筆。撮影はトーマス・アッカーマン、音楽はダニー・エルフマン、特殊ヴィジュアル効果はVCEのピーター・キュラン、クリーチャーとメイキャップはロバート・ショートが担当。出演はアレック・ボールドウィン、ジーナ・デイヴィス、マイケル・キートンほか。ギャグ監修は所ジョージ。

あらすじ

ニュー・イングランドののどかな田舎町に住むアダム(アレック・ボールドウィン)とバーバラ(ジーナ・デイヴィス)の若夫婦は、矯から自動車ごと落下してあえなく死亡してしまう。幽霊になったことをなかなか自覚できなかった2人も家の外に出ると、サンドウォームのような怪物に襲われ、屋恨裏部屋には「新しく死者になった者へのガイドブック」がおかれたりしていて、やっとあきらめた。やがて、ニューヨークから成金一家が越して来た。金儲けの機会をたえず狙っている父のチャールズ(ジェフリー・ジョーンズ)と、一人よがりの彫刻を作っている母のデリア(キャサリン・オハラ)、前妻との娘で妙に冷めているリディア(ウィノナ・ライダー)の3人だ。アダムらは彼らを追い出そうと、脅かすが彼らには見えないらしくまるで効果がない。ハンドブックをたよりに、後世社会(アフター・ライフ)のカウンセラー、ジャノー(ヘレン・ヘイズ)に相談すると「ビートルジュースには頼んではいけない」という。正式にはベラルギウスと呼ぶのだが、このビートルジュースは人間を追い出すバイオ・エクソシストの仕事をしている。しかし、効果はないどころかトラブルがおきるだけだからだそうだ。孤独なリディアは幽霊の存在に気付き、仲良くなる。チャールズが友人を呼んでパーティを開いたので、アダムらはみんなにバナナ・ボートを踊らせてみた。みんな驚いて逃げ出すと思いのほか、チャールズは幽霊博物館を作って金儲けをしようと計画する。仕方なくアダムとバーバラはビートルジュースを呼び出したが、口八丁手八丁でスケベな男に呆れて早速お引き取りをねがう。デリアの友人のオーソ(グレン・シャディックス)の降霊術でアダム、バーバラが呼び出され急速に老いていく。2人を助けようとリディアがビートルジュースを呼び出し、大騒動の末にビートルジュースは幽界にもどされ、幽霊2人とチャールズ一家は仲良く同居することになった。

関連するキネマ旬報の記事

1989年2月下旬決算特別号

外国映画批評:ビートルジュース

1989年1月下旬号

外国映画紹介:ビートルジュース

1988年11月下旬号

グラビア:ビートルジュース

特集 ビートルジュース:評論

特集 ビートルジュース:監督プロフィール

特集 ビートルジュース:スタッフ・キャスト・インタビュー

1988年10月上旬号

試写室:ビートルジュース