男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ビッグ・アメリカン

  • びっくあめりかん
  • Buffalo Bill and the Indians,or Sitting Bull's History Lesson
  • ----

amazon


  • 平均評点

    64.8点(34人)

  • 観たひと

    60

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1976
公開年月日 1977/6/4
上映時間 0分
製作会社 ディーノ・デ・ラウレンティス・プロ作品
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

西部劇が終った時代のバッファロー・ビルの生きざまを描く。'76年度ベルリン国際映画祭金熊賞(グランプリ)受賞作品。製作総指揮はデイヴィッド・サスキンド、製作・監督は「ナッシュビル」のロバート・アルトマン、脚本はアラン・ルドルフとR・アルトマン、撮影はポール・ローマン、美術はジャック・マクステッド、衣裳はアンソニー・パウエル、音楽はリチャード・バスキンが各々担当。出演はポール・ニューマン、バート・ランカスター、ジョエル・グレイ、ジェラルディン・チャップリン、フランク・カックィッツなど。

あらすじ

1885年。開拓時代は終わりをつげ、人々はこの時代に郷愁をいだくようになった頃、ビル(ポール・ニューマン)のワイルド・ウエスト・ショーは、人気を博していた。でもビルには悩みがある。彼を売り出してくれた作家のネッド(バート・ランカスター)だった。ネッドはショーに居着き、自分がビルをスターにした、としゃべりまわっているのだ。そして、新加入したスー族の酋長ブル(フランク・カックィッツ)のあつかましさにも悩まされるビルだった。そして、離婚問題もかかえ、彼の身辺はあわただしい。だが、新しいショーの準備は進んでいた。アニー(ジェラルディン・チャップリン)の曲射ちも人気を集めそうだ。やがて、初日が来た。悪いインディアンとして紹介されるブル。観客は拍手を送った。彼こそ真のスターかもしれない、とビルは思う。数日後、22代大統領が夜間公演にやってき、ショーの後にはパーティが開かれた。ブルの申しいれも相手にしない大統領に、ビルは芝居気まじりに、自分のベッドを提供する。「私は月光の下でコヨーテの声を聞いて休みます」と。その足でバーに行ったビルにネッドが話しかけにきた。「君は私を追い越した。さようなら、ビル。地獄であおう」。ネッドは闇の中にその姿を消していった。胸をなでおろすビル。そして、ブルとの別れも突然やって来た。ある夜、夢の中でブルと語り合ったビルは、彼がもう生に執着していないのを知る。翌日、満員の観客を前にビルの決闘シーンが行なわれた。かつてない程晴れがましい顔のビル。ネッドが去り、ブルが死に、1人スターの喜びを満喫する彼は、錯覚に酔っているかのようにもみえた。

関連するキネマ旬報の記事

1977年8月上旬号

外国映画紹介:ビッグ・アメリカン

1977年5月下旬号

グラビア:「ビッグ・アメリカン」

1977年1月上旬新年特別号

外国映画批評:ビッグ・アメリカン

1976年12月上旬号

キネ旬試写室:ビッグ・アメリカン

1976年6月上旬号

グラビア:「ビッグ・アメリカン」