男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

巴里の女性

  • ぱりのじょせい
  • A Woman of Paris
  • ----

amazon


  • 平均評点

    70.6点(56人)

  • 観たひと

    86

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1923
公開年月日 未公開
上映時間 81分
製作会社 ユナイテッド・アーチスツ映画
配給 ユナイテッド支社
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ モノクロ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

チャールズ・チャップリンが自ら原作脚色、監督をした社会劇で、チャップリンが喜劇以外の作品を手掛けた最初の作品である。主演は長い間喜劇で好敵手をしていた「世界の喝采」「風雲のゼンダ城」のアドルフ・マンジュウ、新進のカール・ミラー等が相手役を演じている。チャップリンはこの1篇を通じて、あるがままの人生の一相を示し女性の心の習作を試みたのである。今まで伝統的に用いられていたテクニックは、この映画においてチャップリンの天才的手腕によって全て打ち破られ、パントマイムの新しい標準が打ちたてられた。なんらの奇もない物語を率直に力強くかつ大胆に表現したところに氏の成功があるのであろう。

あらすじ

フランスの片田舎の物語である。マリーという乙女にはジョン・ミレエという恋人があった。娘の父が許さぬので、2人はパリへ出奔しようとしたが、その晩ジョンの父が急死したので約束の時間に彼は停車場へ来られなかった。これを誤解したマリーは1人でパリへ出てしまう。数年後の事である。彼女は今は富豪ピエールの寵を受け贅沢三昧の日を送っていたが、ある日偶然の事から昔の恋人ジョンに会う。ジョンは母と共にパリへ来て、今は画家として貧しいながら平和な生活をしているのであった。物質に満足して愛なき生活に入っているマリーは、貧しくとも愛に満ちた彼と母との生活が羨まれた。2人の仲が再び温かく育まれて行こうとした時、母はマリーを我が子の妻として喜ばなかった。老先短い母を喜ばせるために、ジョンは彼女と結婚しないと心にもない誓いをしたのを、マリーは図らずも立ち聞きした。せっかく新しい生活に入れると喜んだのも泡となったかと、彼女は再びジョンを誤解して、一度捨てようとした華やかな生活に帰った。ジョンはこれを知って絶望し彼女の目の前で自殺してしまった。彼の死骸の前にひざまずいて涙に暮れるマリーを見た時、母は初めて彼女の真意を知った。そして、2人で田舎に引き移り、貧しい子供達の為に平和な奉仕の生活に入るのだった。

関連するキネマ旬報の記事