男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

STAND BY ME ドラえもん

  • すたんどばいみーどらえもん
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    69.9点(751人)

  • 観たひと

    1126

  • 観たいひと

    46

  • レビューの数

    114

基本情報

ジャンル アニメーション / ファンタジー / ファミリー
製作国 日本
製作年 2014
公開年月日 2014/8/8
上映時間 95分
製作会社 藤子プロ=シンエイ動画=小学館=テレビ朝日=ADK=小学館集英社プロダクション=東宝=電通=白組=ROBOT=阿部秀司事務所=朝日放送=名古屋テレビ=九州朝日放送=北海道テレビ=広島ホームテレビ(制作協力 藤子プロ=阿部秀司事務所/制作プロダクション 白組=ROBOT=シンエイ動画)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム/ビデオ(3D)
音声 5.1ch
上映フォーマット D-Cinema(3D)

スタッフ

監督八木竜一 
山崎貴 
脚本山崎貴 
原作藤子・F・不二雄 
エグゼクティブプロデューサー伊藤善章 
梅澤道彦 
阿部秀司 
プロデューサー大倉俊輔 
守屋圭一郎 
渋谷紀世子 
岡田麻衣子 
アートディレクター花房真 
音楽佐藤直紀 
主題歌秦基博:(「ひまわりの約束」)
サウンドデザイン百瀬慶一 
アソシエイト・プロデューサー篠田芳彦 
天野賢 
高橋麗奈 
黒川和彦 
沢辺伸政 
和田修治 
高木智怫 
杉山登 
川北桃子 
中沢利洋 
CGスーパーバイザー鈴木健之 

キャスト

出演(声)水田わさび ドラえもん
大原めぐみ のび太
かかず ゆみ しずか
木村昴 ジャイアン
関智一 スネ夫
妻夫木聡 のび太青年

(C)2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会

解説

何をやってもダメな小学生・のび太と彼の世話係として未来からやってきたネコ型ロボット・ドラえもんが未来をよくしていこうとする姿を描き、今や国外でも広く愛されている『ドラえもん』。原作の中でも名エピソードと言われるドラえもんとのび太の出会いと別れ、のび太としずかのラブストーリーを、シリーズ初となる3DCGで描く。監督は「friends もののけ島のナキ」でもコンビを組んだ、テレビアニメ『もやしもん』の3DCG監督を務めた八木竜一と「永遠の0」「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの山崎貴。声の出演は『ポケットモンスター ベストウイッシュ』の水田わさび、『それでも町は廻っている』の大原めぐみほか。藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品。2D/3D同時上映。

あらすじ

勉強もスポーツもダメな冴えない小学生のび太(声:大原めぐみ)のもとに、ある日、セワシという少年が訪ねてくる。のび太の孫の孫にあたるセワシは22世紀からやってきて、このままでは悲惨なものになるのび太の未来を変えるためにネコ型ロボット・ドラえもん(声:水田わさび)をのび太の世話係にしようとする。あまり乗り気ではないドラえもんに、セワシはのび太を幸せにするまで22世紀に帰れないよう『成し遂げプログラム』をセットしてしまう。こうして未来をいいものにしようとするドラえもんとの日々がはじまった……。

関連するキネマ旬報の記事

2014年9月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「STAND BY ME ドラえもん」

2014年8月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「STAND BY ME ドラえもん」

2014年8月上旬号

キネ旬戯画 映画という名のアニメーション:第50回 映画をプロパガンダから守りたい