男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

私の男(2014)

  • わたしのおとこ
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    70.7点(630人)

  • 観たひと

    1015

  • 観たいひと

    138

  • レビューの数

    119

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2013
公開年月日 2014/6/14
上映時間 129分
製作会社 「私の男」製作委員会(ハピネット=日活=マックレイ=ドワンゴ=GyaO)(制作 日活/制作協力 キリシマ一九四五/企画協力 文藝春秋)
配給 日活
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督熊切和嘉 
脚本宇治田隆史 
原作桜庭一樹 
エグゼクティブプロデューサー永田芳弘 
製作藤岡修 
由里敬三 
分部至郎 
木村良輔 
宮本直人 
プロデューサー西村信次郎 
西ヶ谷寿一 
撮影近藤龍人 
美術安宅紀史 
装飾山本直輝 
音楽ジム・オルーク 
録音吉田憲義 
照明藤井勇 
編集堀善介 
衣裳小里幸子 
ヘアメイク清水ちえこ 
アソシエイト・プロデューサー西宮由貴 
小松重之 
ライン・プロデューサー金森保 
制作担当刈屋真 
助監督海野敦 
スクリプター田口良子 
VFXスーパーバイザーオダイッセイ 

キャスト

(C)2013「私の男」製作委員会

解説

父と娘の衝撃的な関係を描き第138回直木賞を受賞した桜庭一樹の小説『私の男』(文春文庫・刊)を、「鬼畜大宴会」で第20回ぴあフィルムフェスティバル準グランプリを受賞、「アンテナ」「海炭市叙景」などで国内外から注目を集める熊切和嘉監督が映画化。地震により家族を失った少女と彼女を引き取った父とが、孤独を埋め合わせるかのように互いを求め、誰にも明かすことができない秘密を背負っていく。熊切監督と組むことの多い宇治田隆史が脚本を担当。父と娘を「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」「モンゴル」の浅野忠信と「ヒミズ」「劇場版 神聖かまってちゃん/ロックンロールは鳴り止まないっ」の二階堂ふみが熱演している。2014年6月2日、沖縄県・桜坂劇場にて先行上映。

あらすじ

地震で家族を失った少女・花は、遠縁にあたる淳悟に引き取られることになる。愛に飢えた二人は、やがて濃密な秘密を持つようになり、逃げるように北の海を出て行くが……。

関連するキネマ旬報の記事

2014年8月下旬号

日本映画時評:第306回 輪郭がくっきりした手応えのある映画を求めつつ

宇田川幸洋の映評ジョッキー 映画とコトバの間にはふかくて暗い河がある?:第50回 「私の男」「渇き。」

2014年7月上旬号

【巻頭特集】「ヘビィ」な映画「渇き。」「私の男」:なぜ小説家は物語るのか インタビュー 深町秋生(「渇き。」原作者)

【巻頭特集】「ヘビィ」な映画「渇き。」「私の男」:なぜ小説家は物語るのか インタビュー 桜庭一樹(「私の男」原作者)

【巻頭特集】「ヘビィ」な映画「渇き。」「私の男」:映画監督のタブーに触れる「意思」 インタビュー 熊切和嘉(「私の男」監督)

【巻頭特集】「ヘビィ」な映画「渇き。」「私の男」:精神科医が考える「おぞましい欲望」

【巻頭特集】「ヘビィ」な映画「渇き。」「私の男」:娘との性交の代償は、殺人

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「私の男」

2014年6月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「私の男」