男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

そこのみにて光輝く

  • そこのみにてひかりかがやく
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    78.5点(1123人)

  • 観たひと

    1602

  • 観たいひと

    214

  • レビューの数

    174

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2014
公開年月日 2014/4/19
上映時間 120分
製作会社 「そこのみにて光輝く」製作委員会(TCエンタテインメント=スクラムトライ=函館シネマアイリス=TBSサービス=ひかりTV=ギャンビット=TBSラジオ=太秦=WIND)
配給 東京テアトル=函館シネマアイリス(北海道地区)
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督呉美保 
脚本高田亮 
原作佐藤泰志:(「そこのみにて光輝く」河出書房新社刊)
エグゼクティブプロデューサー前田紘孝 
企画菅原和博 
製作永田守 
菅原和博 
プロデューサー星野秀樹 
撮影近藤龍人 
美術井上心平 
音楽田中拓人 
録音吉田憲義 
照明藤井勇 
編集木村悦子 
キャスティングディレクター元川益暢 
アソシエイト・プロデューサー吉岡宏城 
佐治幸宏 
ライン・プロデューサー野村邦彦 
助監督山口隆治 

キャスト

(C)2014佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会

解説

生前各賞に縁がなかったものの『海炭市叙景』映画化で再び注目を集めた不遇の作家・佐藤泰志唯一の長編小説を映画化。佐藤泰志の出身地でもある函館を舞台に、過酷な現実の中そっと寄り添う男と女を描く。監督は「酒井家のしあわせ」でサンダンス・NHK国際映像作家賞を受賞、続く「オカンの嫁入り」でも高い評価を得た呉美保。ある出来事をきっかけに生きる目的を見失ってしまった男を「シャニダールの花」「その夜の侍」の綾野剛が、家族を支えるために身を売るヒロインを「凶悪」「ジョゼと虎と魚たち」の池脇千鶴が、ヒロインの弟を「共喰い」「王様とボク」の菅田将暉が演じる。撮影は「海炭市叙景」「桐島、部活やめるってよ」の近藤龍人。

あらすじ

ある出来事をきっかけに仕事を辞め、あてもなくただふらふらとしていた達夫(綾野剛)は、パチンコ屋で拓児という青年(菅田将暉)に使い捨てライターをあげたことをきっかけに知り合う。荒っぽいところがあるが人懐っこい拓児は、達夫を家に呼ぶ。拓児の家は、サムライ部落の中でも取り残されたようなかろうじて建っているバラックだった。そこには寝たきりの父親と、父親の世話をする母親、そして姉の千夏(池脇千鶴)がいた。達夫と千夏はそれぞれの身の上を話すうちに、惹かれあっていく。一家を支えるために辛い仕事もする千夏に、不器用ながら一途に愛を注ぐ達夫。そんな中、ある事件が起こる……。

関連するキネマ旬報の記事

2015年5月下旬号

綾野剛のそれから:それぞれの綾野剛 近藤龍人(「横道世之介」「夏の終り」「そこのみにて光輝く」カメラマン) 動いてこそ、生きてくる

2014年11月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:DVDコレクション 「そこのみにて光輝く」

2014年6月下旬号

日本映画時評:第304回 映画状況の混沌を刺しつらぬくものについて

宇田川幸洋の映評ジョッキー 映画とコトバの間にはふかくて暗い河がある?:第48回 「そこのみにて光輝く」

2014年6月上旬号

読む、映画:「そこのみにて光輝く」

2014年5月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「そこのみにて光輝く」

2014年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「そこのみにて光輝く」

2014年4月上旬号

【巻頭特集】綾野剛、ふたたび:綾野剛を語る(3)呉美保(「そこのみにて光輝く」監督)

【巻頭特集】綾野剛、ふたたび:綾野剛を語る(4)池脇千鶴(「そこのみにて光輝く」出演)

【巻頭特集】綾野剛、ふたたび:「そこのみにて光輝く」作品評