男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

すべては君に逢えたから

  • すべてはきみにあえたから
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    62.8点(172人)

  • 観たひと

    270

  • 観たいひと

    26

  • レビューの数

    33

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 日本
製作年 2013
公開年月日 2013/11/22
上映時間 107分
製作会社 「すべては君に逢えたから」製作委員会(制作プロダクション 白組/特別協力 JR東日本/企画協力 ジェイアール東日本企画)
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督本木克英 
脚本橋部敦子 
製作総指揮ウィリアム・アイアトン 
エグゼクティブプロデューサー久松猛朗 
プロデューサー松橋真三 
小池賢太郎 
共同プロデューサー山田周 
撮影橋本尚弘 
美術金勝浩一 
装飾松下利秀 
音楽池頼広 
主題歌ゆず:(「守ってあげたい」セーニャ・アンド・カンパニー)
劇中歌JUJU:(「守ってあげたい」ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
録音栗原和弘 
照明後藤謙一 
編集川瀬功 
アソシエイト・プロデューサー相原勉 
ライン・プロデューサー松浦朋子 
制作担当松岡利光 
助監督向井澄 
スクリプター小関ひろみ 
VFXスーパーバイザー樋口良 

キャスト

出演玉木宏 黒山和樹
高梨臨 佐々木玲子
木村文乃 山口雪奈
東出昌大 津村拓実
市川実和子 岸本千春
甲斐恵美利 寺井茜
時任三郎 宮崎正行
大塚寧々 宮崎沙織
山崎竜太郎 宮崎幸治
本田翼 大友菜摘
倍賞千恵子 大島琴子
小林稔侍 松浦泰三

(C)2013「すべては君に逢えたから」製作委員会

解説

クリスマス間近の東京駅を舞台に、10人の男女のそれぞれの“愛”を描くラブロマンス。監督は「おかえり、はやぶさ」の本木克英。出演は「MW ムウ」の玉木宏、「ライク・サムワン・イン・ラブ」の高梨臨、「ポテチ」の木村文乃、「桐島、部活やめるってよ」の東出昌大、「FASHION STORY Model」の本田翼、「男はつらいよ」シリーズの倍賞千恵子。

あらすじ

<イヴの恋人>女優の夢を諦め、クリスマスイヴに養護施設で上演する劇を最後に田舎に帰る予定の佐々木玲子(高梨臨)は、東京での最後の思い出に少し贅沢をしようとレストランに入る。そこは、過去の苦い経験から人間不信に陥っているウェブデザイン会社社長・黒山和樹(玉木宏)の行きつけの店だった。玲子が、次のバーにも入ってきたのを見て、自分をつけてきたと思い込んだ和樹は「偶然ですね」と声をかける玲子に失礼な態度をとる。玲子は涙をこぼしながら、本当は彼と来るはずだったが死んでしまった……と言い残して店を出るが、翌日、二人はやはり和樹のお気に入りのカフェで偶然の再会を果たす。和樹は玲子に、お詫びをさせてほしいと申し出るが……。<遠距離恋愛>東京のドレスメーカーで働く山口雪奈(木村文乃)と建設会社の仙台支社に勤務する津村拓実(東出昌大)は遠距離恋愛中。雪奈はクリスマスイヴに開催されるブライダルショーの準備に忙しいが、拓実へのモーニングコールは欠かさない。ある日、突然拓実の東京出張が決まり、雪奈は久しぶりに会えるときめきを感じていた。だが拓実は明け方まで先輩と飲み明かし、そのまま仙台へ戻ろうとする。拓実にショーのチケットを渡そうと東京駅へと向かった雪奈は、その先輩が女性だと知り動揺する……。<クリスマスの勇気>ケーキ屋でアルバイト中の大友菜摘(本田翼)は、クリスマスイヴにアルバイトの予定しか入っていない。友人から、憧れの三上先輩が来るというカラオケ大会へ誘われるが、自分に自信のない菜摘は断ってしまう。ケーキ屋のオーナー兼パティシエ・大島琴子(倍賞千恵子)に「告白しなければ何も始まらないでしょ」と励まされる菜摘。さらに琴子は、若き日の大恋愛を菜摘に打ち明け始めるのだった……。<クリスマスプレゼント>いつも明るく元気な女の子、寺井茜(甲斐恵美利)は両親と離れて、養護施設で暮らしている。施設で教員を務める岸本千春(市川実和子)は、そんな茜をいつも優しく見守っていた。茜は大好きなサンタクロースの絵本を読みながら、クリスマスイヴが来るのを心待ちにしている。お母さんはきっとイヴに会いに来てくれる、と茜は密かに信じていたのだ……。<遅れてきたプレゼント>東京駅近くでケーキ屋を営む琴子はアルバイトの菜摘に49年前の昔話を披露する。親の決めた婚約者がいる男と恋に落ち、駆け落ちを決意、クリスマスイヴに東京駅で待ち合わせるが男は現れなかった。その後、琴子はケーキ職人を志し、以来、何度か恋に落ちるがついに結婚することはなかった。菜摘にその相手が今どうしているか考えることはあるのかと聞かれ、「もう思い出すことも無いわ」と笑う琴子。そんなある日、琴子のもとにある男が現れる……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年12月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「すべては君に逢えたから」

2013年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「すべては君に逢えたから」

2013年8月下旬号

日本映画 NEWS SCOPE:CRANK IN, CRANK UP